SEO対策の見積依頼前になぜ「知識」と「現状分析」が必要なのか

トレンド
SEO対策を外注する際に多くのweb担当者は見積依頼後に準備を始めれば良いと思っていませんか? だとすれば大間違いです。まず見積依頼をする前に「SEOの知識を深める」「自社の現状分析」が必要不可欠です。本記事ではSEO対策の依頼を検討しているweb担当者に向けて、見積もり依頼前の準備の方法について解説しています。
SEO対策の見積依頼前になぜ「知識」と「現状分析」が必要なのか

はじめに:Web担当者の見切り発車がSEO外注の失敗を招く

自社オウンドメディアでの集客の責務を担うWeb担当者のみなさんにとって避けては通れない道はSEO対策です。 SEOは短期的に効果がでにくく、長期的に施策を講じなければなりません。

きっとみなさんは「SEOを一任できる信頼できる業者を早急に見つけたい」と頭を悩ませているでしょう。

しかしSEO業者に依頼して失敗するケースの大半は急ぎすぎ焦りすぎによるWeb担当者の見切り発車によるものです。

Googleのペンギンアップデートやパンダアップデートを皮切りに小手先のテクニックのみに頼ったSEO業者は軒並み淘汰されました。 とは言えまだまだ小手先のテクニックだけに頼ったSEO業者はあとを絶ちません。

弊社にも、見切り発車でSEO業者に依頼して成果を出せなかったという相談も多く受けます。 信頼できる業者を選ぶためにも、Web担当者のみなさん自身も依頼をする前にSEOの知識を深めることが非常に重要であると言えます。

弊社ではお客様とお取引をする前に必ずサイトの現状の分析を専属ストラテジストが行い、課題点を理解して頂きます。 またセミナーも積極的に行い、SEOの重要性についての理解を深めて頂く活動に力を入れています。

そこで今回、SEOで多くのお客様の支援をさせて頂いている弊社だから言える、SEO業者を選ぶ前に知っておく必要があることをまとめました。

Web担当者の方は必読です。

なぜSEOが必要なのか

Alt text

まずSEOが本当に必要なのか、SEOのメリットデメリットとはなにかを解説します。 本文は こちら

おすすめのコラム

採用ページのブランディング、社員インタビューで気をつけるポイント-お悩み相談Q&A

トレンド

「お悩み相談Q&A」では、ディレクターバンクへご相談いただく、企業のデジタルマーケティング運用に関する様々な...

採用ページのブランディング、社員インタビューで気をつけるポイント-お悩み相談Q&A