【機械学習ワークフロー】Kubeflow 1.0 : コンポーネント

プログラミング
コンポーネント・ガイド - 登録フロー解説
【機械学習ワークフロー】Kubeflow 1.0 : コンポーネント

【Kubeflow 1.0 : コンポーネント】
◆ 登録フロー
Kubeflow は Google 社がオープンソース化した、機械学習ワークフローを Kubernetes 上で展開可能にするプラットフォームです。3 月に 1.0 ステーブル版がリリースされましたので、ドキュメントを翻訳しています。

今回はコンポーネント・ガイドから登録フローです。Kubeflow クラスタのセットアップに依拠して、最初に Kubeflow にログインするとき名前空間を作成する必要があるかもしれません。

Kubeflow は機械学習 (ML) システムを開発して配備するための Kubernetes 上に構築されたプラットフォームです。Kubeflow は ML パイプラインを構築して実験することを望むデータサイエンティスト、あるいはまた ML システムを開発してテストと製品レベルのサービングのために様々な環境に配備することを望む ML エンジニアと運用チームのためのものです。

<詳細>

おすすめのコラム