AI-OCRとは?業務効率化を加速する文字認識へのAI活用

トレンド
この記事では、業務効率化を実現するAI-OCRについて詳しくご紹介していきます。
AI-OCRとは?業務効率化を加速する文字認識へのAI活用

業務効率化の一環として、紙の文書をスキャナーで読み取り、文字をデジタルデータに変換する「OCR(Optical Character Recognition/光学的文字認識技術)」を活用している企業も多いのではないでしょうか?

OCRは、確かに、文字の手入力作業を代行し、業務効率化を図ってくれますが、印刷された活字の読み取りは得意でも、手書きの文字の読み取りには弱い、事前に設定したフォーマットしか読み取れないなど、まだまだ限られた一部の業務にしか対応できない技術です。

そこで、ここ最近、OCRの進化系として注目を集めているのが「AI-OCR」。この記事では、OCR以上の業務効率化を実現するAI-OCRについて詳しくご紹介していきます。


《目次》

  • AI-OCRとは? OCRとの違いは?

  • AI-OCR×RPAで業務効率が2倍に!?

  • AI-OCR×RPAで効率化できる業務の例

  • AI-OCRを導入して業務効率化を加速しませんか?


AI-OCRとは? OCRとの違いは?

AI-OCRとは、字面そのまま、OCRにAIの技術を取り入れた進化系OCRです。紙に書かれた文字をスキャナーで読み取り、デジタルデータにすること自体は変わりませんが、AIのディープラーニングによって、文字の読み取り精度や作業効率が格段に向上しています。

では、AI-OCRは、具体的にどのようなことができ、どのような点がOCRと異なるのでしょうか。

手書きの文字の読み取りが簡単にできる

AI-OCRは、自動で学習するため、読み取りを繰り返すことで、文字の認識率を継続的に向上させることができます。そのため、仮に1回目の読み取りで、誤認識をしても、誤認識したことを学習させれば、2回目以降は、正しく認識してくれるようになるのです。

また、事前に学習データを与えておけば、最初から、高い認識率で文字を読み取ってくれるでしょう。

AI-OCRでは、このディープラーニングによる、読み取り精度の向上によって、例えば、部首が違うだけで、見た目がそっくりな漢字を正しく認識できたり、また、OCRの弱点であった、手書き文字の認識も簡単に行うことができるのです。クセ字や、途中に訂正が入っているテキストだって読み取れます。

レイアウトを自動認識する

OCRの場合、あらかじめ、読み取りたい文字が、用紙のどこに書いてあるかという座標設定をする必要があり、その設定を行うのに膨大な時間がかかっていました。

一方、AI-OCRの場合は、座標の設定が不要。用紙のレイアウトを、ものの数分で自動認識してくれるのです。


続きについてはこちらのリンクにクリックしてください。https://www.aimenext.com/ai-ocr-aimenext

関連するイベント

おすすめのコラム

【報道発表】自然言語処理技術BERTモデルをベースとする100言語対応の自動テキスト要約ソリューション

トレンド

自然言語処理技術BERTモデルをベースとする100言語対応の自動テキスト要約ソリューションを2020年2月から提供開始-「C...

【報道発表】自然言語処理技術BERTモデルをベースとする100言語対応の自動テキスト要約ソリューション

「これがデジタルシフトの答え」――イオン、ネットスーパーを次世代型に大改革へ

トレンド

「これがデジタルシフトの答え」――イオン、ネットスーパーを次世代型に大改革へ イオンは11月29日、英ネットスーパ...

「これがデジタルシフトの答え」――イオン、ネットスーパーを次世代型に大改革へ