AI音声処理技術とは?音声処理の基礎から解説 AIME-Soundのご紹介

トレンド
外にいながらエアコンなどを操作したりできる最近話題のIoT家電。その最たるものといえば、スマートスピーカーではないでしょうか?Google・Amazon・Line・Appleなど大手企業がそれぞれのサービスに親和性のある機能を特化したモデルを発売しています。話しかけるだけで様々な操作を行ってくれるサービスの仕組みなどをご紹介していきます。
AI音声処理技術とは?音声処理の基礎から解説 AIME-Soundのご紹介

外にいながらエアコンなどを操作したりできる最近話題のIoT家電。その最たるものといえば、スマートスピーカーではないでしょうか?Google・Amazon・Line・Appleなど大手企業がそれぞれのサービスに親和性のある機能を特化したモデルを発売しています。話しかけるだけで様々な操作を行ってくれるサービスの仕組みなどをご紹介していきます。

AIを用いた音声処理とは?

まず、技術の根底にある音声処理・音声認識からご紹介します。

人は聞いた言葉を理解し、そのまま反応することが出来ますが、コンピューターはそのような対応が出来ないため、人が話した言葉である音声データをコンピューターのシステムに掛け、テキストのデータに変換し、テキストデータを理解することで、初めて反応することができます。この一連の流れを音声処理・音声認識技術といいます。

音声処理の仕組み

音声処理では、【音響分析】【音響モデル】【発音辞書】【言語モデル】の過程を経て、音声を処理・認識して行きます。

【音響分析】

人の言葉は発する人の性別・年齢・声質などによってさまざまです。その”人の言葉”をコンピューターが分析しやすいデータに変換するのが音響分析です。「アナログ信号」のような波の形状をした”人の言葉”を、音の強弱・周波数・音と音の間隔などの特徴によって0か1で現される「デジタル信号」に変換します。

【音響モデル】

変換した「デジタル信号」から人間が発する最小単位である[母音][子音][撥音]の音素を特定します。

例)「ありがとう」は[A-R-I-G-A-T-O-U]になります。

【発音辞書】

特定した音素を意味が通るような組み合わせになるように膨大なデータベースを参照し、単語として認識させます。

例)[A-R-I-G-A-T-O-U]は[A-RI-GA-TO-U](ありがとう)

【言語モデル】

単語として認識させた物を音声パターンにあわせた単語の並びに変換し文章化を行い、テキストに出力を行います。その際、あらかじめ蓄積したデータを参考にしながら、単語毎の出現率を算出し、文章化において、文脈の整合性を高めています。

続きについてはこちらのリンクにクリックしてください。 AI音声処理技術とは?音声処理の基礎から解説 AIME-Soundのご紹介

関連するイベント

おすすめのコラム