【Pyro 1.3】SVI (2) 条件付き独立、サブサンプリング及び Amortization

プログラミング
SVI を巨大なデータセットにスケールすることを考えます
【Pyro 1.3】SVI (2) 条件付き独立、サブサンプリング及び Amortization
【Pyro 1.3 : SVI (2) 条件付き独立、サブサンプリング及び Amortization】
今回は SVI を巨大なデータセットにスケールすることを考えます。言語プリミティブ plate と markov の詳細な説明とともに条件付き独立性、サブサンプリング及び Amortization を扱います。
Pyro では SVI (確率的変分推論)を汎用目的推論アルゴリズムとしてサポートするために注意深く設計されています。Pyro では変分推論を行なうための機構は SVI クラスにカプセル化されています。SVI クラスの詳細な説明に入っています。

Pyro は PyTorch のエコシステムの一つで、PyTorch をバックエンドとして動作する確率的プログラミング言語 (PPL) です。PyTorch 1.4 ステーブル版のリリースを受けて更新された Pyro 1.3 ステーブル版がリリースされていますので、ドキュメントを翻訳しています。 [詳細]

関連するイベント

おすすめのコラム