TensorFlow 2.3.0 ステーブル版がリリースされました

プログラミング
リリースノートの翻訳
TensorFlow 2.3.0 ステーブル版がリリースされました
主要な特徴として、まず tf.data が入力パイプラインのボトルネックとリソースを節約するために 2 つの新しいメカニズムを追加しました : スナップショットと tf.data サービスです。入力パイプラインのパフォーマンスは TF Profiler でが分析可能です。
また、デバッグ情報をダンプして Debugger V2 と呼称される TensorBoard 2.3 で読まれて可視化できます。 [詳細]

関連するイベント

おすすめのコラム