AIの音声処理技術を応用したセキュリティー対策

トレンド
音声処理AIを利用した話者特定・声認証は、新たなセキュリティーツールとして台頭してきています。 誰が話しているのか、この声は誰なのか、ということをAIで識別することによって、住所などの個人情報を照合するよりもはるかに高いセキュリティーを誇るのです。 セキュリティーには一層力を入れたい業界では、すでに導入しているところも少なくありません。 そこで今回は、話者特定・声認証の仕組みやメリットをご説明すると同時に、活用事例もご紹介していきたいと思います。
AIの音声処理技術を応用したセキュリティー対策

音声処理AIを利用した話者特定・声認証は、新たなセキュリティーツールとして台頭してきています。

誰が話しているのか、この声は誰なのか、ということをAIで識別することによって、住所などの個人情報を照合するよりもはるかに高いセキュリティーを誇るのです。

セキュリティーには一層力を入れたい業界では、すでに導入しているところも少なくありません。

そこで今回は、話者特定・声認証の仕組みやメリットをご説明すると同時に、活用事例もご紹介していきたいと思います。


【目次】

1.音声処理AIの話者特定とは?

2.声認証の仕組み 声認証のメリット

3.声認証を用いたセキュリティー

4.活用事例

マンションのエントランス

銀行の各種サービスでの本人確認

クレジットカードの各種サービスでの本人確認

5.AI音声処理システムでセキュリティー強化に努めよう


音声処理AIの話者特定とは?

音声処理AIの話者特定とは、例えばあらかじめAさんの声をAIに記憶させておいて、次にAさんが喋った時に「今喋っているのはAさんだ」と学習させるシステムです。

よく混同されがちな「音声認識」とは異なるもので、音声認識は「誰が喋っているか」ではなく、「何を喋っているか」を認識するものです。

いずれもSiriやGoogle Homeなどのスマートスピーカーの登場によって、現在飛躍的に普及しているシステムと言えるでしょう。

そのうち、今回焦点をあてる話者特定はセキュリティー面でさまざまな企業で活躍しています

声認証の仕組み

話者特定におけるセキュリティー強化についてお伝えする前に、AIがどのように話者特定に必要な声認証を行っているかの仕組みをご説明します。

声認証は、声紋(周波数など)から話者の声の特徴を抽出し、データベース上の特徴データと照合することで個人特定します。

声認証のメリット

声認証のメリットとしては、汎用的なマイク一本あれば利用可能である上、顔認証のように光の加減などの環境条件にも左右されにくい点が挙げられるでしょう。

そのため、導入のハードルもそれほど高くありません。

さらに、顔認証、指紋認証などとは違い、通話などの離れた場所からでも認証が行える点も大きな利点です。

続きはこちら

関連するイベント

おすすめのコラム