SEOとCROの両立は可能か?共に取り組む意義とその障害とは

トレンド
Webページ改善には、SEO(検索エンジン最適化)とCRO(コンバージョン率最適化)があります。 SEOが「検索エンジン」に対して、Webサイトを最適化する取り組みならば、 CROは「ユーザー」に対して、Webサイトを最適化する取り組みと言えます。
SEOとCROの両立は可能か?共に取り組む意義とその障害とは

読者の方々は、CRO(コンバージョン最適化)とSEO(検索エンジン最適化)の相性は良いはずである、と思っているだろう。

理論的には、コンバージョン最適化が狙いとしているのはユーザー体験(UX)の改善であり、ありがたいことにGoogleが検索トップの結果で実現したいと思っていることでもある。そのため、サイトのテストと改善を行えば行うほど、検索順位も高くなるだろうということなのだ。まるで終わりのないホッケーのスティック型のようなサイクルの中で、トラフィックやコンバージョンが増加し、収益も増えるだろうというわけだ。

もちろん、ことはそこまで単純ではない。

CROとSEOとの間の矛盾はどこにあるのかというマーケターからの質問を耳にしたことがある。加えて、チームの役割が明確化され、予算に制約がある環境では、CROとSEOのどちらに投資をするかについて、取捨選択しなければならない場面もあるはずだ。最終的にはウェブサイトのテストと最適化をどのように実行するのか重要なのだ。

そこで、私はCROとSEOの交点はどこにあるのか探るべく、成長と最適化において長い経験を持つ人たちに、「トラフィック獲得とコンバージョン最適化のバランスをどのようにとっているか」という質問をしてみた。

https://www.seojapan.com/blog/the-intersection-of-seo-and-cro-and-how-to-maximize-long-term-growth

おすすめのコラム

【理由】Google検索で上位にこない理由は?原因と改善策を紹介!

トレンド

【理由】Google検索で上位にこない理由は?原因と改善策を紹介! サイトやブログを運営していると、自分のサイトや...

【理由】Google検索で上位にこない理由は?原因と改善策を紹介!

【2020年最新版】タイトルの文字数はSEO的に注意する必要があるのかを徹底解説!

トレンド

【2020年最新版】タイトルの文字数はSEO的に注意する必要があるのかを徹底解説! SEOコンテンツの効果を最大限引き...

【2020年最新版】タイトルの文字数はSEO的に注意する必要があるのかを徹底解説!