Google アナリティクス 3種類の導線分析方法

トレンド
Google アナリティクス 3種類の導線分析方法

Google アナリティクス 3種類の導線分析方法

Google アナリティクスで「導線分析をしたい」とよく相談を受けますが、「導線」にも種類があるのをご存知でしょうか。 今回は、3つの粒度の導線分析を紹介します。

適切なレベルでの導線分析を行って、課題がサイトのどこにあるのかを発見し、ビジネスの成果に結びつけてください!

<もくじ>Google アナリティクス導線分析: 3つの粒度
・サイト全体
・ユーザーシナリオ
・ページ

サイト全体

まずはサイト全体での導線分析についてご紹介します。 重要なのが「ファネル」の考え方です。

「ファネル」は営業プロセスでよく使用される言葉です。 例えば、営業では接触したすべての顧客が成約にいたるわけではありません。 「最初の接点→リード(見込み顧客)化→商談→成約」という風に段階を経るごとにどんどん顧客の数が削ぎ落とされてきます。 それぞれのチェックポイントを数値化することで、どの段階の顧客を取り逃がしているかが明確になり次の営業アクションが考案できます。

サイトの全体の導線を押さえる

ウェブサイトにもこの理論を応用できます。 下記は、弊社でサイト全体のファネルを見るのに使用するファネルです。

Alt text

サイトにより様々なチェックポイントがあると思いますが、 多くのサイトで採用されている入力フォームへの入力完了がゴールの場合です。

 

サイト全体の導線を分析する

Google アナリティクスでもサイト全体の導線を分析することができます。 使用するのが、「システムセグメント」機能と「カスタムセグメント」機能です。

Alt text

 

Alt text

 

シナリオ

サイト全体の導線を俯瞰した後は、ユーザーの「シナリオ」ごとの導線分析です。 「シナリオ」といっても様々なものがありますよね。

例えば、「流入元ごとのファネル」「新規ユーザーが会社案内を見るまで」「既存顧客が製品を再購入するまで」などがあります。 ビジネスの成果に近いユーザーのシナリオを探し出して、サイト改善にお役立てください。

 

ユーザーシナリオの導線を分析する

下記の例では、流入元(デフォルトチャネルグループ)ごとのファネルを分析しています。

ユーザーが検索エンジンからの流入した場合と、ソーシャルメディアで流入した場合のファネルに差が出てくるのがわかってきます。

 

>>>続きを読む(KANブログ)

 

KANについて

Alt text

KAN | 株式会社環
国内におけるWebマーケティングの先駆けとして2000年に設立。IoT時代における企業のデータ活用を支援するため、データ分析に特化した教育サービスを提供しています。Web解析事業の国内・海外における展開支援実績からBtoB、BtoC企業向けデジタルマーケティングリーダー研修、Webサイトのコンサルティング等など実践に基づく人材育成、企業支援を強みとしています。

おすすめのイベント

タグからイベントをさがす

おすすめのコラム

消費者ニーズやアクションに至るプロセスまで明らかに!インターネット上のユーザー行動を可視化する【story bank】

KPIに従うのではなくKPIを従わせる~KPIの外に目を向けてみる

トレンド

どうも、totokoです。 僕は現在ゲームプランナー(ゲーム運営・開発における企画職。キャラクターのパラメターデー...

KPIに従うのではなくKPIを従わせる~KPIの外に目を向けてみる