Qiskit Tutorials : Qiskit Terra : reduced バックエンドとノイズモデルで作業する

プログラミング
バックエンドのためにノイズモデルを reduce する
Qiskit Tutorials : Qiskit Terra : reduced バックエンドとノイズモデルで作業する

【Qiskit Tutorials: 縮小バックエンドとノイズモデルで作業する】
Qiskit は IBM 社がオープンソース化した量子コンピューティング・フレームワークで、量子コンピュータでプログラミングするために必要なビルディングブロックを提供しています。
Qiskit 0.11.x が 7 月にリリースされましたので、チュートリアルの翻訳を進めています。

今回の「Qiskit Terra」カテゴリーからのこのチュートリアルでは、デバイスバックエンドから coupling map を reduce して、バックエンドのためにノイズモデルを reduce することでこのサブグラフ上でノイズシミュレーションを遂行することにより量子デバイスのサブグラフをどのようにターゲットとするかを見ます。
Qiskit Terra は Qiskit のための基礎を提供します。量子回路を容易に書き、リアルハードウェアの制約をケアします。

<詳細>

おすすめのコラム