Sendai Board Game Meetup for Geeks #2 を開催しました!

イベント
「Sendai Board Game Meetup for Geeks」の第2回を開催しました。今回のメインゲームは 2014 年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した「キャメルアップ」、そして先月発売されたばかりの新作「TUKI(トゥキ) 」です。 さて、結果は・・・
Sendai Board Game Meetup for Geeks #2 を開催しました!

Sendai Board Game Meetup for Geeks #2 開催しました!

「Sendai Board Game Meetup for Geeks」の第2回を開催しました。

今回のメインゲームは 2014 年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した「キャメルアップ」、そして先月発売されたばかりの立体パズルゲーム「TUKI(トゥキ) 」です。

まずは「TUKI(トゥキ)」から。
ルールはいたって単純。お題にお合わせてブロックを積み上げるだけ。積み上げが一番遅い or 間違って積み上げた方がペナルティ。パズルゲームなんて子供向けじゃん と思っていたGeek4人が、複雑なお題に頭を悩ませて真剣にブロックを積み上げている様は爆笑もの。
立体パズルゲーム、舐めてました・・・と、反省しつつ本命の「キャメルアップ」へ。

TUKI(トゥキ)



私も久しぶりの「キャメルアップ」にルールをど忘れ。つたないインストを済ませ、早速ゲームスタート。このゲームは何と言っても最終レースの勝者・敗者を予想するのが醍醐味、最初に説明しすぎたせいか、皆われ先に最終予想券を賭ける賭ける。
結果はラクダ券とピラミッドコインを地道に集めてリードしていた私を、最終予想で逆転したGeekが勝利(涙)。
ちなみに「キャメルアップ」は8人までプレイ可能、大人数でも楽しめるオススメゲームです。

キャメルアップ


最後は、昨年にリニューアル発売された「もっとホイップを」をプレイ。知る人ぞ知る、プレイすると必ずケーキが食べたくなるという、あのゲームです。

食べちゃうケーキタイルのホイップ数と、一番多く集めた同種のケーキタイルの数字合計を競うという単純ルール。結果は食べちゃう・集めるをうまく調整したNot Geekが余裕の勝利(頑張れGeek)。

もっとホイップを


参加頂いた皆さま、お忙しい中、ご参加ありがとうございました!

そして私は無事、コンビニスイーツを購入しての帰宅となりました。本当にありがとうございます。

関連するイベント

おすすめのコラム

メルペイの事例から考える「キャッシュレス社会」の課題と、ペイメントサービスのプロダクト開発・マネジメント実践論

イベント

キャッシュレス社会における課題と、その解決法とは? 及川:メルペイをはじめとしたペイメントサービスは、キャッ...

メルペイの事例から考える「キャッシュレス社会」の課題と、ペイメントサービスのプロダクト開発・マネジメント実践論