【イベントレポート】先輩に聞いてみた 迷えるリケジョのための起業のススメ

イベント
9/10(火)に開催したトークイベント「先輩に聞いてみた 迷えるリケジョのための起業のススメ」のレポートをお届け!
【イベントレポート】先輩に聞いてみた 迷えるリケジョのための起業のススメ

2019年9月10日、テクノロジー分野の第一線で活躍する先輩起業家をゲストに迎えるトークセッション・TECH STARTUPS(※)シリーズ第6回目となる「先輩に聞いてみた 迷えるリケジョのための起業のススメ」が開催されました。
今回のテーマは「リケジョ(理系女子)」。リケジョが研究室から次の進路を決めようとする際に直面するライフワークバランスの悩みは、キャリアプランの形成に大きくかかわる深刻な問題です。そこで今回は、2名の先輩リケジョをゲストとしてお招きし、K-NICスーパーバイザー・武田泉穂氏のモデレートの下、それぞれのご経験をロールモデルの一つとしてお話いただきました。
また、「研究者」「就職」「弁理士」に次ぐ第四の選択肢「起業」についてもそれぞれの想い・考え方をお聞きしました。
 
※「TECH STARTUPS」とは…テクノロジー分野の第一線で活躍する先輩起業家をゲストに迎えたトークセッションシリーズ。ゲストが関わる分野のトレンドや課題、資金調達やアライアンスに至るまでの道のりなどさまざまなトピックについて、 K-NICのサポーターやスーパーバイザーなどがモデレーターとなってお話を伺います。

ゲスト

小木曽 由梨氏/武田薬品工業株式会社 湘南ヘルスイノベーションパーク コマーシャル&ビジネスディベロップメント マネージャー 
東京工業大学生命理工学部生命情報科卒。東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻博士課程修了。博士(理学)の学位取得後、展示会主催会社に入社し、ライフサイエンス分野の産学連携促進事業に企画営業として従事。数年後、退職し、シリコンバレーに渡る。日米の事業提携支援を行うコンサルティング会社でのインターンシップを経て、現地バイオテックより正社員のポストを得る。その後四年間、シリコンバレーやボストンにて、営業&マーケティングに従事。昨年、武田薬品がインキュベーター”湘南iPark”をオープンしたタイミングで帰国し、武田薬品に入社。現在は湘南iParkの国内外テナントリクルーティングや、スタートアップ支援、また事業提携を促進させるための各種プログラムの企画運営に従事。
https://www.shonan-health-innovation-park.com/

木村 紘子氏/株式会社ファストトラックイニシアティブ マネージャー
東京大学理学部生物化学科卒業。同大学大学院理学系研究科修士課程修了。同大学大学院医学系研究科博士課程修了。博士(医学)の学位取得後、コンサルティング会社に入社し、ライフサイエンス・ヘルスケア、情報・通信領域等おいて中期経営計画策定、新規事業戦略立案、新事業領域・海外展開に向けた提携支援、M&Aアドバイザリー業務等に従事。2013年8月より株式会社ファストトラックイニシアティブ(バイオテックおよびヘルステック領域に特化したベンチャーキャピタルファンドを運営)に参画し、主にバイオ領域におけるスタートアップ企業の投資評価及び経営支援に従事。2017年3月まで東京大学大学院薬学系研究科特任助教を兼任し、学部/大学院生、研修医を対象とした医工薬連携教育プログラムのプログラム設計及びアカデミア発創薬開発に関する講義を担当。
http://www.fti-jp.com/

モデレーター

武田 泉穂氏/K-NICスーパーバイザー
https://www.k-nic.jp/supportor/149/

小木曽さんがアイパークに勤めるまで

小木曽:父親が骨の再生医療の研究者ということもあり、何の迷いもなく大学院に進み博士過程を取りました。当時は発生生物学−ショウジョウバエの羽の模様がいかに精密に制御されているかのメカニズムを研究していました。研究自体は面白かったのですが、何のために、誰のために研究しているのかが分からなくなってしまったんです。また、よい論文を第一著者として出すことを最大の目標とする研究者としての在り方にも疑問を持ち、博士を取った後は産学連携に関わる仕事に就きたいと考えるようになりました。


博士課程修了後、当時日本で最大規模のバイオ系産学連携フォーラムを開催していた会社に就職し、研究者と企業のマッチング機会を提供する仕事を経験することができました。その中で、「企業提携したいがなかなかうまくいかない」「海外企業と提携したいが最初に誰に相談すればいいかわからない」といったニーズを直接聞き、当時の日本の産学連携がいかにうまく回っていないかを思い知りました。


そこで、私自身も海外に興味があったため、退職後、“起業のメッカ”であるシリコンバレーに行くことにしました。シリコンバレーでは、バイオ系分野で日米の事業提携を行うコンサル会社でインターンし、その半年後に正社員のポストでカルナバイオ USA という会社に入社しました。アメリカでの生活は面白く、帰国する予定はありませんでした。


しかし、武田薬品が湘南にインキュベーション施設を作るということを知り、私がずっとやりたかった産学連携と海外との連携、その両方を実現できるのではと考え、昨年4月に転職したというのがこれまでの経緯です。

ベンチャー企業を育てる「エコシステム」

小木曽:世界の革新的技術は、ホットスポットと呼ばれる場所に集積しています。シリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、ベルギー、アジア圏では北京と上海のみで日本はひとつもランクインしていません。そういった状況を受け、湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、アイパーク)は、日本に世界トップレベルのエコシステムを作ることを目的に、武田薬品によって2018年4月に立ち上げられました。武田薬品が2011〜2018年まで使っていた建物のため、研究環境が整っています。オープンから一年半経った現在、56社*1がアイパークに所属しています。
*1 2019年9月時点


通常インキュベーターと聞くとスタートアップが入居するイメージを持ちますが、私たちはエコシステムに関する全てのプレイヤーをリクルートしています。研究機関だけでなく、様々な機器メーカー、AI・IT企業、コンサル会社、イベント会社、特許知財事務所、ベンチャーキャピタルなどが集まり、スタートアップをサポートしています。また、大小さまざまなネットワークイベント、勉強会などを開催し、アイパーク内での企業間コラボレーションの促進にも努めています。
世界各地の拠点との繋がりも大切にしています。「アイパークワールドツアー」というイベントでは、海外展開に興味のある企業をボストンなど世界のホットスポットに連れて行き、ネットワークイベント、マッチングイベントを開催する傍ら、現地のスタートアップの勧誘も同時に行なっています。

木村さんがベンチャーキャピタルに勤めるまで

木村:私は幼い頃から生物全般、特に生き物の知覚について興味があったため、迷うことなく研究者になることを決めました。大学では嗅覚受容体の遺伝子に関する研究、博士課程からは脳の高次機能について研究をしていました。しかし、研究自体は興味深かったのですが、アカデミアで行われている基礎研究を社会に役立てるにはどうしたらいいか悩み、社会に出てビジネスを理解した上で、研究とビジネスを「繋ぐ」役割になりたいという気持ちが強くなりました。


そこで、まずはコンサル会社に就職し、様々なクライアントの新規事業の経営計画を立てることになりました。その後、やはりサイエンス、ヘルスケアの領域で、「大学の技術をどのように社会に還元し、グローバルな新産業として発展させていけるか」という課題に取り組みたいなと思い、悩んだ末にベンチャーキャピタルにたどり着いたのです。

ベンチャーキャピタルの立場とは

木村:日本では、ベンチャーとスタートアップは同義として理解されていますが、本来スタートアップは何らかのイノベーションを起こす企業を指します。いわゆるベンチャーキャピタルが投資したいスタートアップというのは、少人数、短期間、斬新な製品・サービス、これらの要素をもって、新しい切り口で社会問題を解決し、新しい価値を創出する企業と定義されると思います。重要なのは事業内容だけでなく、創業者としての魅力を持った人が取り組んでいるということです。
 
ベンチャーキャピタルの立ち位置は、ベンチャーの資金調達手段のひとつ。短期間で企業を成長させるには「とにかくやってみよう」の精神で資金を出してくれる人が必要です。スタートアップにとってのベンチャーキャピタルは、非常に大事なプレイヤーのひとりと理解しています。

女性が起業するのは大変?

武田:日本では女性起業家が少ない状況が続いていますが、海外でもそうなのでしょうか?現状と今後どうなっていくのか知りたいです。
 
小木曽:アイパークには20社程入居していますが、女性がCEOを勤めているのは1社だけですね。私も調べたことがあるのですが、世界的に見て女性CEOは少ないです。おそらく、アメリカでも20%は切っています。
投資家から見て、男性がCEOの方が投資しやすいということはあるのでしょうか?
 
木村:性別で判断するということはないですが、男性がCEOを務める企業が扱う案件数としては多いです。女性起業家は医療系、食品関連など、スタートアップというより、スモールかつ堅実に経営をされている方が多い印象です。
また、男女共にお子さんがいると夜の時間帯のイベント参加は難しいことが多いですよね。フレキシブルに働けないことで、ネットワーキングの機会損失となる場合もあるかと思います。
 
小木曽:その点アメリカでは、朝やランチの時間帯でもネットワーキングイベントをやっていることが多いですね。
 
武田:いわゆる「ガラスの天井*2」を感じたことはありますか?
*2当人の資質または成果に関わらず女性の一定以上の昇進を阻む障壁のこと
 
木村:私たちの世代はちょうど過渡期だと思うのです。性差別をしてはいけないと言われているので、研究室などで直に感じることはありませんでした。しかし、ドクターポストになると年齢が20代終盤以上になるので、企業の方には出産の可能性について言及されることもありました。
 
小木曽:私の場合、女性だからやり辛かったという経験はありませんでした。女性のキャリア形成を阻むのは何が原因なんでしょうか?その原因を突き詰めることに最近は関心があります。
 
武田:参加者の方から質問が来ています。「やりたいことを会社員としてやるか起業してやるか、どちらが良いでしょうか」。
 
小木曽:そもそもなぜ起業するかですよね。以前、ある企業の女性社長とお話しする機会がありました。なぜ社長になったのかをうかがったところ、理由はシンプルで「人生で成し遂げたいことを実現するために、一番近い方法が社長になることだったから」。社長であることはとても大変なので、何より自分のために起業をするのが大事だと思います。
 
木村:起業といってもいろいろな形がありますが、目的のためにリスクマネーを入れるスタートアップとなると、なぜ自分は起業をしてまでこの事業をやらなければならないか、目的を深掘りしていくことが特に大事になります。目的達成のための一番近い方法が起業であるという熱い想いがない場合は、別の方法を模索したり、実際に起業するまでによく考えた方がいいのではないかと思います。
 
武田:今後、女性起業家にとって役立つスキル、これは知っておいた方がいいというメッセージがありましたら、一言ずつお願いします。
 
小木曽:男性に勝る女性の強さって、ネットワーキング力だと思います。極端な例ではありますが、エリザベスホームズ*3さんの話は有名ですよね。女性の最大の強みはそこだと思います。
*3アメリカ合衆国の起業家
 
木村:男女問わずいかに人を巻き込んでいけるかは大事ですよね。「この人と一緒にやると何か達成できるような気がする」と思わせることは、小木曽さんもおっしゃるネットワーキング力だと思います。

女性起業家が影響を与える社会

まだまだ数の少ない女性起業家。しかし、マイノリティゆえに、社会に与える影響は男性起業家に比べて強い場合もあるのではないかという話も出ました。起業家を取り巻くエコシステムの充実に合わせ、女性がより働きやすくなるような社会の実現が、女性起業家創出の後押しに直結していると改めて実感できるトークセッションでした。
 
K-NICでは、引き続き起業や経営に関する役立つ知識をイベントにて、みなさまにお伝えしていきます。創業に関するサポートも実施しておりますので、ぜひ足をお運びください。
https://k-nic.jp/

おすすめのコラム