Sendai Board Game Meetup for Geeks #4 を開催しました!

イベント
「Sendai Board Game Meetup for Geeks」の第4回を開催しました。今回のメインゲームは ウイングスパン(Wingspan)、2019年のドイツ年間ゲームエキスパート部門、そしてドイツゲーム賞において大賞を受賞しています。 さて、結果は・・・
Sendai Board Game Meetup for Geeks #4 を開催しました!

Sendai Board Game Meetup for Geeks #4 開催しました!

「Sendai Board Game Meetup for Geeks」の第4回を開催しました。

今回のメインゲームは ウイングスパン(Wingspan)、2019年のドイツ年間ゲームエキスパート部門、そしてドイツゲーム賞において大賞を受賞した「ウイングスパン(Splendor)」です。今回は師走の忙しい中にも関わらず、たくさんの方に参加頂けて嬉しい限りです(初参加の方が4名!)。

まずは本命の「ウイングスパン」から。
実はYoutubeでゲームルールをチェックしただけの小生がインストールを担当、さすがエキスパート大賞だけあり初期配置とルール量に手間取りましたが、一度理解してしまえばシンプルなルールと感じます。鳥がテーマのニッチなボードゲームですが、リアルなカードイラストから始まり、餌箱に見立てたダイスタワーや卵トークン、ゲームボードも丁寧な作りでコンポーネント好きな方はテンションが上がりますw。

プレイヤーは鳥の愛好家になり、餌を集める・鳥を呼び寄せる・卵を産ませるなどして、敷地の繁栄を目指します。住み着いた鳥の特殊能力を発動させ、鳥カード自体の特典や鳥の卵、餌の数、ボーナスルールを利用してポイントを重ねていきます。プレイヤーが取れるアクションは4つの内のいずれか。

  1. 鳥カードを配置する
  2. 餌を獲得する
  3. 産卵させる
  4. 鳥カードを新たに獲得する

アクション自体はシンプルなのですが、インストールと不慣れなプレイで2時間程かかってしまいました。鳥カードの運要素は強い印象は受けますが、自身の敷地に鳥が増え、特殊効果をどしどし発動させるのは大変面白かったです!今回は常連参加のGeekが勝利。

Alt text


隣のグループでは カルカソンヌJ 、続けて カタン をプレイ。実は今回初参加の方がカタン経験者で、インストールを担当してくださりました!

Alt text


プレイの合間では ノイ!(NEU!)ニムトボブジテン をプレイし、今回も大変楽しい時間を過ごせました。

Alt text


あぁ、今回も全ては写真が撮れてない;

参加頂いた皆さま、今回もお時間頂きありがとうございました!

関連するイベント

おすすめのコラム

アビームコンサルティングが事例と共に語る「AIシステム構築のノウハウ」

イベント

これまで多くのAIプロジェクトを手掛けてきたアビームコンサルティング Advanced Intelligenceセクター(以下、AIセク...

アビームコンサルティングが事例と共に語る「AIシステム構築のノウハウ」

エクサウィザーズ×メルカリ×ソフトバンク×PERSOLのデータ・ドリブンな最新事例で探る、AI時代の戦略人事とは?

イベント

エクサウィザーズ石山洸氏が取り組む「AIと働き方」 エクサウィザーズ代表取締役社長の石山洸氏は、静岡大学の客員...

エクサウィザーズ×メルカリ×ソフトバンク×PERSOLのデータ・ドリブンな最新事例で探る、AI時代の戦略人事とは?