TensorFlow 2.0 : ガイド : Keras :- Keras で訓練と評価

プログラミング
Keras による訓練と評価
TensorFlow 2.0 : ガイド : Keras :- Keras で訓練と評価

【TensorFlow 2.0 ガイド : Keras】
◆ Keras で訓練と評価 (基本 API とカスタムループ)
TensorFlow 2.0 ステーブル版がリリースされましたので、チュートリアルやガイド等のドキュメントの最終的な翻訳をしています。(プログラマーズ) ガイドに移行しています。

今回はガイド「Keras」カテゴリーから、Keras による訓練と評価のガイドです。これは 2 つのセクションに分けて説明されます。一つは訓練 & 検証のための組み込み API (fit(), evaluate() & preedict()) の具体的な利用方法で、もう一つは Eager execution と GradientTape オブジェクトを使用してカスタム・ループをスクラッチから書く方法についてです。

ガイドは「TensorFlow 2」「Keras」「Estimator」「カスタマイズ」「データ入力パイプライン」「モデルのセーブ」「アクセラレータ」のカテゴリーに分かれています。

<詳細>

おすすめのコラム