PennyLane 0.8.0 キー概念 : 量子ノード

プログラミング
量子ノードの概説
PennyLane 0.8.0 キー概念 : 量子ノード

【PennyLane 0.8.0 キー概念 : 量子ノード】
PennyLane は PyTorch エコシステムの一つで量子機械学習をサポートします。Xanadu によりオープンソース化された、量子機械学習・自動微分そしてハイブリッド計算の最適化のための Python ライブラリです。
2 月に 0.8.0 がリリースされて新機能も追加されましたのでドキュメントを再翻訳します。

今回は量子機械学習の「キー概念」から量子ノードの概説です。量子ノードは量子関数 f(x; θ) の計算カプセル化で、これは異なる計算デバイスのための異なる解像度を持ちます。

<詳細>

おすすめのコラム

【量子コンピュータ:Amazon Braket 使用方法】各種デバイスへのタスクの投入と実行

プログラミング

【Amazon Braket 使用方法 : 各種デバイスへのタスクの投入と実行】量子コンピュータのマネージドサービスである「Ama...

【量子コンピュータ:Amazon Braket 使用方法】各種デバイスへのタスクの投入と実行

【量子コンピュータ】PennyLane 0.8.0 初級 Tutorials : PyTorch とノイズのあるデバイス

プログラミング

【PennyLane 0.8.0 初級チュートリアル <量子機械学習>】◆ PyTorch とノイズのあるデバイス「初級チュートリア...

【量子コンピュータ】PennyLane 0.8.0 初級 Tutorials : PyTorch とノイズのあるデバイス

[量子コンピュータ]PennyLane 0.8.0 初級 Tutorials : プラグインとハイブリッド計算

プログラミング

【PennyLane 0.8.0 初級チュートリアル <量子機械学習>】◆ プラグインとハイブリッド計算「初級チュートリアル...

[量子コンピュータ]PennyLane 0.8.0 初級 Tutorials : プラグインとハイブリッド計算