学生 ベースボールアプリ選手権 学生 ベースボールアプリ選手権

パシフィック・リーグ

スポーツもテクノロジーを活用し、より新しいステージへ進んでいます。
育成、ファンとのコミュニケーション、試合分析など
テクノロジーがスポーツと社会を繋げています。
この選手権はそんな新時代を担う学生たちの創造力と可能性を発揮する舞台です。

募集テーマ

テクノロジーで野球を
面白くするアプリ

野球を面白くする。単純そうに見えて、深いテーマ。

例えば・野球の競技人口を増やすには?
・長い観戦時間を楽しくするには?
・選手が健康的に長く活躍するには?
・たくさんの人に野球ファンになってもらうには?

などなど…

あなたなりのユニークな切り口で野球をもっと面白くするアプリを作ろう!

SCHEDULEスケジュール

7/25
説明会エントリー開始
8/21
説明会/ワークショップ
書類提出開始
8/31
書類提出期限
9/2
書類選考結果発表
9/28
本戦
(審査/表彰式)

REQUIREMENTエントリー方法 / 審査基準

エントリー方法

エントリー方法
8/21に行われた説明会動画の視聴が必須となります。
以下のページにお申込みいただいた方には運営より説明会の動画をお送りいたします。

本戦審査基準

本戦審査基準
プレゼンテーション&デモ審査にて下記4点を中心に審査いたします。
アイデア
実現性
技術力
プレゼンテーション

参加対象

  • 全国の大学生/大学院生/高専生/専門学生/高校生/中学生/小学生
    (本戦参加者で往復の交通費が1万円以上かかる方には、2万円まで支給いたします)
  • チーム1名以上はプログラミングスキルを有していること
  • 個人orチームで参加可能。但し1名以上プログラミングスキルを有していること

PRIZE賞品

優勝
・開発を加速させる賞品20万円相当

・2019年度 「パーソル クライマックスシリーズ パ」
 チケット人数分開催球場への往復交通費付き!!!
※個人参加の場合はペアチケットとなります。
準優勝
オライリー&Adobeグッズ
(技術書/Tシャツ/バックパック/バッテリーチャージャー)
U-18賞
パ・リーグ6球団全チームのユニフォーム
本戦参加賞
TECH PLAYトートバッグ

JUDGE審査員

鵜飼 佑

鵜飼 佑未踏ジュニア代表 / 文部科学省
東京大学大学院にて水中ロボットを用いた水泳支援システムの研究開発を行い、2011年度スーパークリエータに認定される。MicrosoftのOfficeやMinecraft開発チームにてOffice LensやMinecraft Hour of Code Designerといった教育関連の製品のProgram Managerを務める。現在は文部科学省にて小学校におけるプログラミング教育を推進。

増原 大輔

増原 大輔海城中学高等学校非常勤講師 / 株式会社Z会アドバイザー / GeekSalon監修
プログラミング教育家、アプリクリエイターとして活動。中高大学生を中心にアプリ開発を通じたプログラミング教育活動を行っている。Life is Tech! School元塾長、㈱Z会アドバイザー、大学生のためのプログラミングコミュニティGeekSalon監修、海城中学高等学校情報科非常勤講師、など

尾形 太陽

尾形 太陽株式会社ookami 代表取締役
2014年に株式会社ookamiを創業。2015年にスポーツエンターテイメントアプリ「Player!」を公開し、Appleが選ぶBest of 2015、GOOD DESIGN AWARD 2016等を受賞。「第3のスポーツエンターテイメントをつくる」というビジョンのもと事業は現在も成長を続ける。

馬場 保仁

馬場 保仁株式会社ファリアー 代表取締役
株式会社セガゲームス〜株式会社ディー・エヌ・エーにて、野球ゲームの開発に従事。プロデューサー、ディレクターとして多数のゲームを世に送り出す。
代表作には「プロ野球チームをつくろう!」シリーズ 他多数がある。
現在は、ゲーム業界を志す人材のサポートをはじめ、教育や採用のコンサルティングにも従事。著作には「ゲームの教科書」(筑摩書房)がある。

大浦 征也

大浦 征也パーソルキャリア株式会社 転職メディア事業部事業部長 doda編集長
2002年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。人材紹介事業に従事。法人営業を経験した後、キャリアアドバイザーに。転職希望者のキャリアカウンセリングやサポートに長年携わる。
担当領域は多岐にわたり、これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。
その後、キャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点の総責任者などを経て、2017年より現職。社外にてJHR(一般社団法人人材サービス産業協議会)キャリアチェンジプロジェクトのワーキンググループメンバー、SHC(公益財団法人スポーツヒューマンキャピタル)理事にも名を連ねる。

平山 太郎

平山 太朗パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM) CTO
2015年よりPLMのCTOに就任。6球団のデジタル運営だけではなく、業界初のハッカソン「パッカソン」、米SXSW出展などを通してスポーツテックによる新たな観戦文化の創出を目指している。米国ではテックベンチャーSnowRobin US Inc. CEOを務める。

司会進行役

SPORT LIGHT 大浦

鈴木 南名子声優
元システムエンジニアの理系女子声優!
大学ではナノテクノロジーを研究。使っていたプログラミング言語はFortran。野球もサッカーもスポーツ大好き。
「共闘ことばRPGコトダマン」番組アシスタントMC、「ガンダムコンクエスト」、「デスティニーチャイルド」など出演

SUPPORT協力

  • SPORTLIGHT
  • PLAYER!
  • Farrier
  • IBM
  • SAP
  • CRESCO
  • Adobe