TOP

オープンソースBI 勉強会 #9

イベント内容

オープンソースBI 勉強会 #9

<2014/09/02追記>

・会場は15階です。

・正面エントランスからご自由に入館頂けますので、到着された方からご入場をお願いします。


※20時以降の入館には、スタッフの引率が必要です。

※ハッシュタグ「 #pentaho_jp 」付きでツイートしていただければ、正面エントランスまで迎えに行きます。


勉強会の中でのやり取りにTwitterを活用していきますので、よろしければ事前にTwitterへの登録をお願いします。


タイムテーブル


→ LT発表をしていただける方を募集中!

発表していただける方は、@teruuまでご連絡ください。


終了後に、恒例の懇親会を行いますので、よろしければご参加ください。



時間 内容 担当
19:00 – 19:10 自己紹介 & セキココ登録 みなさま
19:10 – 19:50 CToolsのご紹介(+オープンデータ活用ダッシュボードの作成)
19:50 – 20:00 休憩
20:00 – 20:40 LT Pentahoよもやま
pentaho on docker shigex</td> </tr> <tr> <td></td> <td>PDI(CE版)の運用</td> <td>kum_t

今後のテーマ


月1回の開催を目指しております。Pentahoを中心に、その周辺を扱っていきたいと考えています。


・Pentaho

PDI / OLAP / Reporting / ダッシュボード / データマイニング


・サードパーティー製品

saiku / Pivot4J


・デザインツール

スキーマワークベンチ、アグリゲーションデザイナ、メタデータエディタ


・その他の製品

QlikView / Tableau など


・BI / DWH

ROLAP、MOLAP、キューブ設計、MDX、スタースキーマ、SCD、CDC、サロゲートキー


・カラム指向DB

HP Vertica / Amazon Redshift


・NoSQL DB

MongoDB / Hadoop Hive


・インメモリDB


・データ可視化

CTools / D3 / Highcharts / GIS系


・データ分析手法、Rの活用


・オープンデータの活用


・Pentaho オープンソース・コミュニティの活用


・関連書籍


・開発手法、プロトタイピング、ドキュメント


・プログラミング言語

Java / JavaScript / ShellScript / Perl / Python


・開発ツール、SQLエディタ、XMLエディタ、ユーティリティ、バージョン管理、バグトラッキング


・テスト手法、自動化手法


MDM


・ハードウェア

フラッシュストレージの活用


・運用

Apache / Tomcat / クラウド(AWS)


・スケジューリング、バッチ実行


・ポータルサイト、CMSとの統合

Liferay、Alfresco


・学習メディアの活用

ドットインストール / Slideshare / YouTube


・プロフィットセンター/コストセンターの考え方

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2014/09/02(火)
19:00〜21:00
参加者
21人 / 定員30人
会場
フューチャーアーキテクト株式会社
東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー

注目のポジション