TOP

【Swift】11/26(水)池袋 iOS・iPhone勉強会「4年前のカメラアプリをSwiftで書きなおした」

イベント内容

iPhoneアプリの受託開発を手掛ける、株式会社トルクスの代表を講師にお呼びします。

注目のiPhone/iOSアプリ開発の新言語「Swift」。

4年前のiPhoneアプリを、Swiftでリメイクするとどうなるでしょう・・・?

Objective-Cによる開発との違いなどを中心に展開します。


概要は以下です。


日時  11月26日(水) 19:30 ~ 21:30

内容  iOS・iPhone勉強会「4年前のカメラアプリをSwiftで書きなおした」

講師  株式会社トルクス 代表取締役 山田 宏道

参加費 無料

持ち物 筆記用具、名刺

会場  東京都豊島区東池袋1-35-3

    池袋センタービル 8階


【タイムテーブル】

19:30 ~ 19:35 主催者から挨拶

19:35 ~ 20:35 ご登壇

20:35 ~ 20:45 質疑応答

20:30 ~ 21:30 懇親会(軽食とお飲み物を準備致します)


【講師について】

株式会社トルクス 代表取締役 山田 宏道

1975年生まれ。デジタルハリウッド卒業。

ゲーム開発会社に5年間プログラマーとして在籍、PlayStation2等のゲーム制作を行う。

2005年より、フリーランスとして、FlashゲームやiPhoneアプリ、Webシステムなど様々な開発に参画。

2012年7月 株式会社トルクスを設立。

現在、iOSアプリを中心とした受託開発を行う。


【講師のコメント】

Torques Inc.では「FrameCamera」というアプリを4年ぶりにすべて書き直し、先月リリースしました。

本アプリは今後機能追加を続けていく方針で、これまでのコードは捨てて、Swiftで書き直しました。

アプリをリリースするまでにハマった点を中心に、Objective-Cによる開発との違いなどを紹介したいと思います。

「Swiftに興味がある」「Swiftで開発したい」という方に向けて、実際開発に使えるのか?という経験談を話したいと思います。


※講演プログラムは、前後する可能性もございます。

※交流会の内容は変更になる可能性がございます。

※同業者様の参加はご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2014/11/26(水)
19:30〜21:30
参加者
9人 / 定員10人
会場
株式会社アクロビジョンオフィス
東京都豊島区東池袋1丁目35−3