TOP

Rubyによるクローラー開発技法 読書会 第3回

イベント内容

「Rubyによるクローラー開発技法」 読書会の第3回です。

今回は 第5章から順に読んでいきます。

  • Chapter 5 目的別クローラーの作成
    • 5-1 Googleの検索結果を取得する
    • 5-2 ブログへのクローリング
    • 5-3 Amazonのデータを取得する
    • 5-4 Twitterのデータ収集
    • 5-5 Facebookへのクローリング
    • 5-6 画像を収集する
    • 5-7 YouTubeから動画を収集する
    • 5-8 iTunes Storeの順位を取得する
    • 5-9 Google Playの順位を取得する
    • 5-10 SEOに役立てる
    • 5-11 Wikipediaのデータを活用する
    • 5-12 キーワードを収集する
    • 5-13 流行をキャッチする
    • 5-14 企業・株価情報を収集する
    • 5-15 為替情報・金融指標を収集する
    • 5-16 郵便番号と緯度経度情報を取得する
    • 5-17 新刊情報を収集する
    • 5-18 荷物を追跡する
    • 5-19 不動産情報を取得する
    • 5-20 官公庁のオープンデータを活用する
    • 5-21 新聞の見出しを集める

「Rubyによるクローラー開発技法 読書会」の購入方法

参加する場合は、事前に 「Rubyによるクローラー開発技法」 を購入しておいてください。

書籍媒体でのみ購入できます。 Amazon

「Rubyによるクローラー開発技法」とは

Amazon から引用します

内容紹介

Webから任意の情報を引き出す「クローラー」と呼ばれる技術の概要と、 実際にクローラーをどうやって作成するかを解説。プログラミング言語はRubyを用います。 汎用的なクローラーの作成から、ブログ・Twitter・Facebookなどターゲットごとの活用法までを解説。

クチコミの取得や、企業・株価情報、為替情報・金融指標の取得といったものまで、 さまざまな情報を収集する自分なりのクローラーが作成ができます。

内容(「BOOK」データベースより)

Google、Twitter、Facebookからのデータ収集、iTunes Store、Google Playのランキング情報、企業・株価情報・為替情報・金融指標の取得、SEOやマネジメントに役立つ情報の収集etc…データ収集効率を劇的にアップするクローラー技術をディープに解説。

著者について

佐々木/拓郎 本業は、Web系のシステムアーキテクト。企画から設計開発、運用まで幅広く担当

るびきち CUI系フリーライター。多数の個人用クローラーを開発(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2015/01/10(土)
00:00〜00:00
参加者
8人 / 定員14人
会場
JR尼崎駅 徒歩2分 小田公民館 学習室4
兵庫県尼崎市潮江1丁目11-1