TOP

プログラム同士が会話!?それRubyで。

イベント内容

◆■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■◆
「プログラム同士が会話!?それRubyで。」
~BitCoinとLinkedOpenDataによる事例~
http://www.soho-chikugogawa.com/ruby2015
◆■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■◆

インターネットで流れるデータとして、HTMLやMailなど人間が読むための
データだけでなく、
プログラム同士が連携するためのデータも流れるように
なってきました。

プログラム同士が連携する事例としてBitCoinとLinkedOpenDataに
注目してみましょう。
プログラムが連携するとは?そのためのデータとは?

Rubyを使ってプログラム同士が連携することが出来る様をお話いたします。

※パソコンを持ってきて演習をやっていただく事も可能です。
<パソコンの環境について>をご参照ください。

お申込みは、下記からお願い致します。
http://form1.fc2.com/form/?id=479560

【日時】2015年3月28日(土) 
 13:30~16:30(受付13:00~) 

【会場】久留米ビジネスプラザ 会議室D
久留米市宮ノ陣四丁目29番11号
TEL0942-31-3104 FAX0942-31-3107
 http://www.kurumebp.jp/folder1/post-40.html
【参加費】無料
【定 員 】30名(申し込み順)

【内容】ーーーーーーーーーーーーー

13:30~ 講師 山崎 重一郎氏(NPO法人 電子認証局市民ネットワーク福岡 代表)
「決済データで連携するBitcoin」

14:30~
質疑応答/休憩

14:50~ 講師 田代 勝也氏(NPO法人 電子認証局市民ネットワーク福岡)
     講師 佐塚 秀人氏(NPO法人 電子認証局市民ネットワーク福岡 理事)
「マシンリーダブルなデータとは」(実習付)

15:50~
質疑応答

16:30終了

【申し込み】http://form1.fc2.com/form/?id=479560

【主催】久留米ビジネスプラザ・NPO法人 電子認証局市民ネットワーク福岡
【後援】SOHO筑後川


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。