TOP

AWSセルフペースラボ教室|Amazon Simple Storage Service (S3)

AWS

イベント内容

安全で柔軟、かつ安く利用できるオブジェクト ストレージ


アマゾン ウェブ サービス(AWS)アカウントをお持ちのみなさま、クラウドならではのメリットをご利用いただいていますか?
AWSの利用をスムーズに開始したい方、いろいろ試したいものの課金が心配という方のために、「AWSセルフペースラボ教室」を開催します。

本セミナーでは、AWSセルフペースラボ を使って、AWSのコアサービスを実際に操作していただきます。

AWSセルフペースラボでは、AWSの実際のサービスを演習環境として使用できます。
ラボは専門家によって設計されており、ステップバイステップの手順書に従って操作すれば、サービスの理解が深まります。
通常は有償のラボコースも、このセミナーでは無償でご利用いただけます。
講師による機能や用語の解説もありますので、今後のAWS活用のヒントとなります。

今回は、インターネット時代のオブジェクトストレージ、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) を使っていきます。講師による解説では、S3の特徴やメリット、S3 の高度な活用方法やアクセス許可などについてご紹介します。

■対象
AWS上でシステム構築や開発をお考えの方

■前提条件
AWSアカウントをお持ちの方
OSやネットワークの基礎知識をお持ちの方

■アジェンダ

講師による解説:概要説明
- Amazon S3とは
- S3の高度な活用
- S3のアクセス許可

演習操作:セルフペースラボ
【Amazon S3 入門】
- S3バケットの作成
- データのアップロードとダウンロード
- データの移動と削除

【Amazon S3 の活用】
- S3バケットの Webサイト機能の構成
- S3バケットのアクセス許可の設定
- S3バケットへのデータの配置
- Webサイトへの接続確認


■お持ちいただくもの
・Wi-Fi接続可能なノートPC
・AWSアカウント情報 (ログインできるように、アカウント情報をご確認ください)

■事前準備
・演習環境のアカウント作成(AWSアカウントとは異なります。)
 作成方法はこちらからご確認ください。
http://chilp.it/2c2ec6f

・演習でHTTP,HTTPS,SSH,RDPポートを使用いたします。
 お持ちいただくPCのこれらのポートが使用できる状態でご準備下さい。

■諸注意
・本セミナーはトレーニング形式となりますので、PCをお忘れなきよう、お願いいたします。

・すでにAWSをご利用のお客様やAWSトレーニングをご受講のお客様は本セミナーではなく、AWSトレーニングをご受講いただくことを強く推奨いたします。
https://aws.amazon.com/jp/training/

■お申込について
※本セミナーはエンドユーザーのお客様を対象としておりますため、お申込み状況により、対象外のお客様には参加をご遠慮いただく可能性がございます。

※より多くの企業様にご参加いただくことを目的としておりますので、1社につき最大2名様までとさせていただきます。

※複数名のご参加を予定されている場合でも、お手数ですが1名ずつのお申込が必要となります。





参加者
42人 /定員60人
申込先
会場
アマゾン目黒オフィス
東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19F

注目のイベント

コラム

イベント New

インメモリデータベースの今後。新領域への適用可能性 - デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 -

2018年3月6日(火)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最新...
56 views
インタビュー

【eiicon×サムライインキュベート】事業創出支援「Open Innovation BootCamp Program」スタート!

ここ数年で、オープンイノベーションに対する企業の関心は急速に高まっている。しかしながら、「どうしたら...
99 views
イベント

4月(後半)に開催する注目のITイベント・勉強会まとめ 28選

4月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加くだ...
1,419 views