TOP

11月21日(土) 東京開催 ALGYAN(公式) IoTハンズオン!

イベント内容

モノと IT が融合して新たなユーザー価値を生みだす IoT (Internet of Things)。
組込みも IT でも今最もホットなキーワードの一つです。

本セミナーでは、センサーボードとマイクロソフトのクラウド Azure を使って、. NET Micro Framework によるセンサーデータ計測とクラウドへの送信、Event Hub によるセンサーデータの収集、Stream Analytics による収集データのリアルタイム分析、Machine Learning による収集し蓄積したデータの分析、Power BI による分析表示といった、IoT を構成する一連の基本要素の使い方を実習し、IoT の理解を深めながら、IoT の構築スキルの基礎を獲得していただきます。

久しぶりの週末の東京開催です。奮ってご参加ください。

当日の参加者には PinKit (GR-PEACH + センサーボード) を無償提供します。


■参加費: 無料

■アジェンダ:

時間 内容
10:00 ~ 10:30 受付
10:30 ~ 11:00 IoT 概論
11:00 ~ 11:30 実習内容説明と開発環境確認
11:30 ~ 13:00 .NET Micro Framework ボードによるセンサー計測と、Event Hub へのデータ送信、およびクラウドへの蓄積
13:00 ~ 14:00 休憩
14:00 ~ 15:30 Stream Analytics、Power BI による、センサー データのリアルタイム分析と表示
15:30 ~ 17:30 Machine Learning による、蓄積データの分析

■事前準備:
本セミナーで使用する開発環境は、各自持参いただきます。以下の説明をよく読んで、Visual Studio および以下の手順の環境を構築した PC と マイクロ USB ケーブルをご持参ください。ご持参いただけない場合、実習はできませんのでご了承ください。

  • Windows 7 以上の PC: Wi-Fi 接続可能、USB ポートありの機種が必要です。
  • マイクロ USB ケーブル
  • Visual Studio 2015: 有償版、Community Edition どちらでも構いませんので、以下の手順でインストールを済ませてください。

インストール手順は下記の Blog をご確認ください。
http://blogs.msdn.com/b/hirosho/archive/2015/09/14/iothandsonseminarduringsepandoct2015preparetion.aspx

インストールには長い時間がかかりますので、遅くともセミナーの 2 日前には完了されていることをお勧めします。

Visual Studio のインストールの際、機能の選択オプションで "Windows 開発と Web 開発" の "Microsoft Web Developer Tools" を選択してください。既に Visual Studio をインストール済みの場合は、コントロール パネルのプログラムと機能の "プログラムのアンインストールまたは変更" で Visual Studio 2015 を選択して、ダイアログの "変更" をクリックして機能を追加してください。この機能が選択されていない場合、Azure SDK のインストールができません。

・. NET Micro Framework SDKのインストール
http://netmf.codeplex.com の "download" ボタンをクリックし、netmf-v 4.3.2-SDK-QFE 2-RTM.zipをダウンロードします。 ZIPファイルを解凍して MicroFrameworkSDK.msi と netmfvs 14. vsixの二つを実行します。

・Azure SDKのインストール
http://azure.microsoft.com/ja-jp/downloads/ の.NETの VS 2015をクリックし、VWDOrVs 2015 AzurePack.exeを実行します

・Microsoft Azure サブスクリプション契約
本セミナーではAzureを実際に使うため、Azureのサブスクリプション契約が必要です。未契約の方は、https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/free-trial/ の "今すぐ試す" をクリックし、サブスクリプション契約をお願いします。
MSDN Subscriptionをご契約いただいている方は、ポータルからAzureのアクティブ化が可能です。月ごとの無料枠がありますので、そちらをご利用ください。
サブスクリプション契約にはクレジット カードが必要です。本セミナーでは有料のサービスを使用しますが、無料試用期間中の方は、その範囲内で受講いただけます。試行期間終了が近づくとお知らせメールが届きます。明示的に無料使用から有料使用に切り替えない限り、利用料金は発生いたしません。

※上記の内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 事前登録制となりますので、登録ボタンをクリックし、必要事項をご登録ください。
  • 申し込み後に当日の都合がつかなくなった場合は、すぐにキャンセルをお願いします。

登録手続完了後でも、コミュニティの判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。お断りする理由などについては、ご説明はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

参加者
60人 /定員60人
申込先
会場
Microsoft品川本社
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー

注目のイベント

コラム

イベント New

目指すは究極の“個客”対応。ファーストリテイリング「デジタル改革」の本気度

ファーストリテイリングが2017年2月から本格的に始めた全社改革「有明プロジェクト」が注目を集めている。...
15 views
イベント New

【レポート】トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウハウetc…裏側をみせます! - KLab TECH Meetup -

2017年9月4日(月)19時30分より、「KLab TECH Meetup −トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウ...
16 views
イベント

インメモリデータベースの今後。新領域への適用可能性 - デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 -

2018年3月6日(火)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最新...
196 views