お天気予報ガジェットを作りながらPythonを勉強しよう(午前の部)

イベント内容

このワークショップでは、Pythonのプラグラミングの初歩を一から学んでいきます。そのあとに、応用例としてRaspberryPiを使って天気予報に合わせてLEDを光らせるガジェットの仕組みを学びます。近ごろ話題のPythonを一緒に勉強して、電子工作ガジェットの世界を体験してみましょう!

日時

2016年1月30日(土)11:00~14:00

場所

ファブラボ北加賀屋(コーポ北加賀屋1F)
大阪市営地下鉄四ツ橋線「北加賀屋駅」4番出口から徒歩10分

料金

一般会員さま、お一人1,000円
ファブラボ会員さま、お一人500円
※料金は当日会場でお支払いください。

必要機材

1. ノートPC (Windows or Mac)
※無線LANが繋がるもの。
※Raspberry Piやブレッドボードがある方は一緒にお持ちください。

ワークショップの概要

1. FabLabとは?
2. Pythonの概要
3. RaspberryPiとは?
4. 天気予報ガジェットの概要
5. Pythonの使用環境の準備
6. Pythonの基本文法
7. RaspberryPiにログインしてみよう
8. PythonからLEDを光らせてみよう
9. 天気予報ガジェットの仕組みを学ぼう
10. 質疑応答
※適宜、休憩をはさみます。
※実施内容は都合により変更になる場合があります、ご了承ください。

講師

八登浩紀

お問合せ先

Facebookより イベント内に直接 までお願いします。
演磁日亜長屋:窓口 阪本

検索タグ:電子工作、Arduino、Raspberrypi、Python

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント