TOP

ドイツ・インダストリー4.0セミナー

IoT

イベント内容

ドイツ・インダストリー4.0セミナー
参加者募集中

<懇親会あります!>
 労働力不足への対応やエネルギーコスト削減、生産性の向上など、日本と共通の課題を有するドイツでは、中小製造業の競争力強化をはかるため、国を挙げてIoT(モノのインターネット)の活用に取り組んでいます。
 本セミナーでは、米国のインダストリアル・インターネットと並ぶIoT戦略である「ドイツ・インダストリー4.0」の最新動向と、ドイツを代表する板金機械・レーザー加工技術設備メーカーTrumpf社のインダストリ-4.0への取り組み事例を紹介します。

日時

平成28年10月5日(水)14:00~17:20(懇親会17:20~)

会場

横浜情報文化センター6F 情文ホール
住所: 横浜市中区日本大通11番地

内容、講師

タイトル 講師 講演概要
インダストリー4.0のドイツにおける状況と中小企業への適用策 ドイツ・バイエルン州駐日代表部 代表 Dr. クリスティアン・ゲルディンガー 氏  同州のICTおよび製造面での競争力と、中小企業を含むクラスターシステムがインダストリー4.0に至った過程を紹介します。
 またインダストリー4.0への戸惑いが見られる中で、中小企業の支援事例や、AUTOMATICA(ドイツ国際オートメーション・メカトロニクス専門見本市)での事例、隠れたチャンピオンと言われる強い中小企業の存在に触れます。
中小企業におけるIoTの役割と次世代製造業の展望 株式会社KMC 代表取締役 佐藤 声喜 氏(工学博士)
 
金型や切削、部品製造を営む中小企業のIoT導入事例、および大手企業のIoT戦略とその取組みを紹介し、日本流の次世代製造業を展望します。
Trumpfグループにおけるインダストリー4.0 株式会社エフエーサービス(独Trumpf社 グループ企業)開発部 ソリューション・ソフトエンジニア Mr. Andre Mahl インダストリー4.0のプラットフォーム幹事企業であるTrumpf社が取り組む『材料発注から完成品出荷までのブラックボックス』(ビジネス・プラットフォーム)の工程の説明と、顧客先での活用事例を紹介します。

参加費

セミナーのみ=無料、懇親会にも参加=2,000円(当日会場にて徴収)

対象、主催・共催、定員

対象:IoTに関心のある中小企業
主催:公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)
共催:横浜日独協会
定員:当サイトからのお申込は30名(定員になり次第締め切らせていただきます)

参加者
定員30人
申込先
会場
横浜情報文化センター6F 情文ホール
横浜市中区日本大通11番地

注目のイベント

コラム

イベント

【レポート】データ活用ビジネスの始め方:デジタルマーケティング[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
233 views
イベント

【レポート】デジタルマーケティングから紐解き、マーケティングをもういちど考える:デジタルマーケティング[第1部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
375 views
イベント

11月(後半)に開催される注目のITイベント・勉強会まとめ

11月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加...
693 views