モバイル、クラウド、IoT時代にどう立ち向かう? これからのDBアプリケーション開発

イベント内容

アプリケーション開発者にとって気になるのは、やはりデータベースですよね。Oracle、DB2、SQL Serverに加え、クラウドの活用も進んでいる今、どのデータベースをどのように使えばいいのか、頭を抱えてしまうのも無理はありません。

今回のセミナーでは、最新のデータベース事情を、エンバカデロの開発ツールを利用した開発例と共にわかりやすく解説します。利用端末がパソコン、スマホ、タブレットへと広がり、IoTの活用も進む中、アプリケーション開発ツールがデータベースとどう関係してくるのかについても、システム構築におけるポイントを踏まえてお伝えします。最新情報はもちろんのこと、アプリケーション更新や拡張を検討する上で役立つエッセンスを学べるこの機会をぜひご活用ください。


プログラム

セミナーでは、以下のテーマでお送りいたします。

IoT、マルチデバイス... 多様な環境で利用するデータベース
デスクトップやクライアントサーバーが一般的だったデータベースは、今やモバイルデバイスやIoT、クラウドまで、いたるところに存在するようになりました。さまざまなDBが存在する今、ユースケースに合致するDBは何か、どんな使用法が最適かを学びます。

クロスプラットフォーム開発を意識したデータアクセス手法
多様な環境で利用されるデータベースをアプリケーション開発の観点から考察。サーバーサイドだけでなく、モバイルデバイス、IoTなど、新しいデバイスからのDBアクセスをどのように実装するべきか?クロス開発を意識した効率的なDBアクセス手法を学びます。

効率的なデータアクセス実装の実演
クロス開発データアクセスの具体例としてRAD Studioに搭載されたFireDACフレームワークを紹介。複数データベースへの共通アクセスを実演します。低コストで効率的に開発、保守ができるそのポイントを、クライアントサイト、サーバーサイドの双方で解説します。


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント