TOP

徹底予測!人工知能が創る未来のビジネス ~ AI・Iotフォーラム~ 【ハープ生演奏BGM】
クリップ
2017/07/29(土) 15:00 開催
東京都 赤坂見附

徹底予測!人工知能が創る未来のビジネス ~ AI・Iotフォーラム~ 【ハープ生演奏BGM】

基本情報

日 時 2017/07/29(土) 15:00 〜 18:00
会 場 LIVE BAR赤坂Tonalite (赤坂駅徒歩3分)
住 所 東京都 港区 赤坂3-16-4 DMK赤坂ビル B1F
主 催 Study-AI 人工知能入門勉強会
参加枠申込種別参加費定員
初開催割引
先着順 2,500円
当日現金支払い
1人 / 定員20人

イベント内容

お支払いは前払いのみ対応。当日受付不可

PAYPALは使えません。下記URLよりチケット購入お手続きください。

初開催記念 50%OFF  5000円 → 2500円

https://anypay.jp/shops/732OqS2DII/ai-iot-d


【日時】2017年7月29日(土)

【場所】今回は赤坂にあるOPENしたばかりのお洒落なLIVE BAR! ハープ演奏タイムもあり!

【時間】15:00~18:00


【基調講演 15:00~16:30】

■テーマ:徹底予測!人工知能が創る未来のビジネス 人と話し人に働きかける人工知能の実現。


■概要:

昨今流行の第三次AIブームとは一体何なのか、何の役に立つの?

日経新聞に連載を持つなど現役第一線で活躍する講師をお招きし、AIの歴史から最新の深層強化学習まで一般にも分かりやすく噛み砕いてお話し頂きます。


■対象

・まずは、AIとは何か、なぜこんなに熱視線を浴びているのか概要やキーワードを知っておきたい方。


■アジェンダ(抜粋 ※アジェンダは予定です。予告なく変更いたします。)

ーーー

<人工知能の基礎とビジネス>

1.人工知能の基礎知識

1-1.人工知能とは何か?

a.メディアで取り上げられる人工知能

b.学問としての定義

c.人工知能を構成する技術分野

d.参考:IBM Watsonの提供機能

・・・ etc


2.人工知能と産業との関わり

2-1.なぜ、今、人工知能が注目されているか?

a.CPU、ストレージ、通信ネットワークの能力向上

b.あらゆるものごとのデータ化

c.クラウド、ネットワーク、エッジの各階層を活用した分散処理

d.機械学習技術の飛躍的進化

e.人工知能技術の産業への影響

f.産業全体での活用事例

・・・ etc

2-2.今後、社会にどのような影響をもたらすのか?

a.産業へのインパクト① 経済効果

b.産業へのインパクト② 雇用への影響

・・・ etc


4.徹底予測!人工知能が創る未来のビジネス

4-1.人工知能の進化の方向性

a.IoTからAmbient Intelligence(環境知能化)へ

る人工知能の実現

4-2.業界別の見通し

a.コーポレート業務

・・・ etc

サービスとしてのAIの利用に向けての論点

・・・ 以下省略

ーーー

※アジェンダは予定です。予告なく変更いたします。


【タイムテーブル】

・基調講演  15:00~16:30

・懇談タイム 16:30~18:00  (ハープ演奏BGMあり(予定) 入退場自由、ワンソフトドリンク無料)


【開発者登録(懇談タイムに実施)】

AIやVRなど先端技術の開発が出来る、又は手掛けたいベンダーや個人の開発者はコチラのカテゴリーに登録できます。

ビジネスネットワーキングのモデル

開催趣旨

人工知能やIoTによるトータルの経済価値は、日本経済の4倍もの規模になるとの試算があります。 日本のGDPは 4.1兆ドルですが、例えばものづくり分野で3.9兆ドルの変化が起きるのです。 引用: 経済産業庁

第4次産業革命と言われるAI,Iot,VRなどの技術進歩は今大いに話題になっています。 しかしながら、本邦の動きがアメリカや中国などに比べ大きく後れを取っているのは確かです。 未だ身近なビジネスとしてのインパクトに欠け、一部を除きまだまだ一般には傍観的な 姿勢が主流と言えるのではないでしょうか。

私たちに出来ることは何でしょう。 身近なビジネスの課題や社会の課題を見つけて解決していくことはできないでしょうか。 このAI・Iotフォーラムは、そんな思いのある方同士の草の根のネットワーキングの場として設立します。 今後こういった会がどんどん増えて行くと良いのではないでしょうか。
ビジネス交流会のイメージ

*ハープ演奏者のご紹介*

当日の演奏者のお知らせです!

 

《アルパ奏者:丸子千尋(まるこちひろ)さんプロフィール》

 

北海道出身。洗足学園音楽大学(神奈川県川崎市) ミュージカルコース卒業。

在学中にアルパ(ラテンハープ)と出会い、学び始める。

卒業後、イベントや結婚式、葬祭等を中心に現在活動中。

 

《プロフィール画像》

パラグアイの民族ドレス

 


《楽器について》

*アルパとは、パラグアイやメキシコを中心に南米で

演奏されている民族楽器で、ラテンハープ、

インディアンハープとも呼ばれています。

 

*ハープとアルパの綴りの違い

ハープ→harp()

アルパ→harpa(西・伊)

語源は一緒ですがスペイン語は「h」を発音しないので、

読みは「アルパ」となります。

 

*爪で弾くように演奏する為、グランドハープとは

違った音色を奏でることが出来ます。

 

*大人であれば素手で持ち歩くことができるほどの大きさですが、

共鳴箱が大きく見かけによらず豊かな響きを持っています。

共鳴箱の側面や支柱には手彫の彫刻や寄木細工などの装飾が

施されており、工房や個体によって少しずつ模様が違っています。芸術性も高く楽器としてはかなり完成されたものと言えます。




本イベントは終了しました
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

TECH PLAYで申込可能なイベント