TOP

出張インターン at 会津大学

イベント内容

出張インターン@会津大学について

株式会社みんなのウェディングのエンジニアが会津大学にお邪魔して、インターンを開催します!

当社の技術部長と、技術力に定評があり大活躍中の17卒の若手エンジニアが参加します!

やってみたいこと

Rubyを使って、TDDしましょう!

何を学べるか

・webサーバーがどう動いているのか

・TDD(テスト駆動開発)の考え方

なぜやるのか

当社ではサービス開発にRubyを利用しています。

Rubyを利用したプログラミングの楽しさを体験してもらいたいというのが目的です!

TDD(テスト駆動開発)とは?

TDDとはプロダクト開発の手法のひとつです。

継続的に開発をしたり、プロダクトの品質を保証するために必要になります。

個人的に何かを作る際には無くてもいいかもしれませんが、チームで何か開発したり、ちゃんとしたプロダクトを作るためには重要な手法です!

なぜTDDを学ぶべきなのか?

・書いたコードに対してそのふるまいを、「こうしたらこうなる」をTDDで書き、機能追加とかをしたときに、そのコードを書いたときに想定したのと違う振る舞いになることに気づけます

・例えば、研究とかでも謎に継承されているプログラムがあって、「ここ変えていいの?」とか「どう使ったらいいの?」とか思うときも、テストコードがあったらわかります

・webだけではなく、どんな開発でもやるべき(なぜなら、テストコードを書く方が手間に見えるけど、実はこっちの方が効率的に継続的に開発していけるから)なのです

なぜ今回のインターンで学ぶべきなのか?

大学では習わないことが多いと思うので、ぜひ今回のインターンがTDDを学ぶいい機会になればと思っています!

ハンズオン形式で、技術部長と新卒のエンジニアが手とり足取り教えます^^

講師からのメッセージ

TDD(テスト駆動開発)を利用してウェブサーバーをRubyで作成します。

本講義はステップバイステップで解説を行い講師も一緒にプログラムをしながら進める形式なので、Rubyを知らなくても他のプログラミング言語の経験があればご参加いただけます。

「テスト駆動開発の考え方を知りたい」「ウェブサーバーは身近だけどどういう風に動いているのか興味がある」という方は是非ご参加ください。

内容の詳細

『Rubyでウェブサーバーを作ってみよう(全行程TDD)』

  1. httpプロトコルの解説

  2. 標準入出力を利用してhttpプロトコルの実装

2.1 リクエストの解析(GETリクエストのみ)

2.2 レスポンスの構築

  1. ネットワークに公開してブラウザで利用してみる

  2. デーモン化して完成

(オプション)

・hamlを直接扱えるWebサーバにしてみよう

・クエリーストリングを解析してみよう

・POSTリクエストを実装しよう

参加に関して

飲み物、お菓子等を用意してます。

懇親会も含まれているので、ご飯も出ます。

参加条件

以下に当てはまる方、ぜひぜひ!

・会津大学在学中の19卒 or 20卒学生

・webエンジニアに(少し)興味がある

・RubyをがっつりやってなくてもOK

・他の言語でプログラミングの経験があればOK