TOP

デザインの個人授業

イベント内容

 グラフィックデザイン、ウェブデザイン、プロダクトデザイン、インテリアデザイン等々、デザインといってもその分野は様々です。
同じデザイナーでも、他の分野の事となるとピントがずれていることが多く、すべてを横断的に語れる人は少ないのです。
またグラフィックデザインの分野におけるDTPの一般化に象徴されるように、昨今は素人でもプロ並みの仕上がりは可能ですが、それが良いのか悪いのかという論理的な判断がむずかしいのです。これには経験値の高い人のアドバイスが必須です。
言い換えれば、お金を払ってプロに依頼すべきこと、自分でやれば済むことの区分けをきちんとやるということでしょうか。
添付画像はプロダクトデザインの流れの一部です。
わかりやすい例としてイスのデザインをとりあげています。
上から3面レンダ、スケールモデル、プロトタイプというような名称で呼ばれています。
これは目に見える状態のプロの仕事ですが、この前後にも多くの作業があります。
こういうことを、目に見える形で理解できるようにします。
場合によってはその場で具体的な作業を進めることもあります。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。