TOP

OSS Gate東京ミートアップ2018-01-29

イベント内容

概要

OSSを開発する人たちが集まる場です。

各自OSSを開発します。開発対象のOSSはなんでも構いません。このミートアップでOSSを開発するメリットは他の開発者と相談できることです。

参加する人は「開発者」か「駆け出し開発者」で申し込んでください。

  • 「開発者」とは次のような人です。

    • OSSの開発に参加している人(自分が作者のOSSでもそうでないOSSでもOSSならなんでも構いません。)
    • 他の「開発者」とも駆け出し開発者ともワイワイ開発したい
    • 「駆け出し開発者」をサポートしたい!という人も「開発者」として申し込んでください
  • 「駆け出し開発者」とは次のような人です。

    • 過去に「ビギナー」としてOSS Gateに参加し、OSS開発の一歩を踏み出した人
    • OSSの開発に参加したことはあるけどまだ自信がない、不安を持っている人
    • OSSの開発に参加したい!という人は「駆け出し開発者」として申し込んでください

以下は参考URLです。

当日持ってくるもの

OSSの開発に使えるノートパソコンを持ってきてください。「OSSの開発に使えるノートパソコン」というのは次のようなノートパソコンです。

  • バージョン管理システム(GitクライアントやSubversionクライアントなど)をインストール済み
  • GitHubにログインできる状態になっている
  • 開発に使うプログラミング言語の処理系(コンパイラーやインタプリターなど)をインストール済み
  • 開発に使うIDE・エディターをインストール済み
  • などなど

特にダウンロードに時間がかかりそうなもの(特に仮想マシンやIDE)は事前に使える状態にしておいてください。

準備で困った・不安なことがあるという人はチャットで相談してください。

目標

  • OSSを開発する人
    • OSSの開発が捗ること
  • OSSを開発する駆け出しの人
    • OSSの開発への自信が増えて、不安が減ること

ミートアップの内容

OSS Gateワークショップでゲートをくぐった後のOSS開発を継続して行っていきます。このミートアップでOSSを開発するメリットは他の開発者と相談できることです。

内容

時間 やること
19:15-19:30 開場
19:30-19:45 チェックインでやることや期待することの共有
19:45-21:15 OSSの開発
21:15-21:30 チェックアウトでやったことの共有

スポンサー

本イベントページはオープンソースコミュニティを支援する YassLab が提供しております。詳細はコミュニティ運営者向け Doorkeeper スポンサー資料をご参照ください。

YassLab


遅れてくる方へ

20時以降の入場については正面玄関が閉まるため、夜間通用口からの出入りとなります。ビルの右手通りにある通用口にあります、インターフォンで702を鳴らして中の者にコンタクトしてください。「OSS Gateの参加者です」みたいに言っていただければ通じると思います。開錠されましたら通用口から入り、エレベーターに乗り7階にお越しください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。