TOP

CSS最新レイアウト Flexbox 徹底解説 2.0|生明塾

イベント内容

その名の通り、フレキシブルなwebデザインのレイアウトを可能にするFlexible Box Layout Module(Flexbox)。
幾多の仕様変更を遂げてきたCSSのモジュールですが、現在ではほとんどのwebブラウザーからサポートされています。
floatに代わるレイアウトの方法として、その実用性と利便性、パフォーマンスの良さなどが注目を集め、もはやFlexboxの採用は常識となりつつあります。
http://caniuse.com/#search=Flexible%20Box

この講座では、講師がAdobe MAX Japan 2017で行ったFlexboxとDreamweaver®のセッションをベースにしながらも、さらなるパワーアップをした内容で、実際にソースやwebブラウザーでの表示を見ながら、Flexboxの機能と使い方を徹底解説します。

Adobe MAX Japan 2017 ビデオアーカイブ
https://www.adobe.com/jp/creativecloud/events/maxjp-video-archive.html

● 当講座で学べること
○ Flexible Box Layout Module(Flexbox)の概要と基本
○ Flexboxの記述方法とベンタープリフィックス
○ さまざまなFlexboxコンテナ・アイテムの種類と機能
○ Flexboxの便利な使い方

● 当講座で得られること
○ 旧来のfloatやClearfixなどを駆使するCSSレイアウトの方法に代わる、新しく便利な技法
○ webの要素の並び順やその方向、伸縮などのサイジングを、フレキシブルに実現
○ 少なくシンプルな記述でレスポシブwebデザインに対応するレイアウト設定
○ これからのCSSデザインのレイアウト方法
※ 各種受講証明書への署名・発行に対応します。

● 当講座の特徴
○ 手ぶらの座学受講も可能な、セミ・ハンズオン形式です。
○ 実践的な知識や方法を、要点をまとめて、わかりやすく解説します。
○ 講義後に、質疑応答の時間を設けます。

● 主催者
AZM Design

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/02/10(土)
13:00〜14:30
参加者
定員13人
会場
ITプロパートナーズ イベントスペース
東京都渋谷区道玄坂1-16-10 渋谷DTビル 8階