TOP

知りたいを解決!ゼロから始めるAI講座

イベント内容

そろそろ仕事探しの苦労からおさらばしませんか?

今必要とされているスキルを身につけたら案件は探すものではなく依頼されるもの!

どんなイベント?

2時間で習得するAI機械学習ワークショップです!

得られる知識・体験

「AIなにそれ美味しいの」から「AIに関してはおまかせください」と言えるようになる!!

AI分野に関する基礎知識

機械学習・深層学習をプログラミングした体験

こんな風に教えます

ハンズオン形式で皆様に実際に手を動かしてもらいます

参加費

3,000円

当日ご準備頂くもの

無線LAN対応のノートパソコン(Windows・Mac両方OK)

本講義では、Try Jupyterを利用したプログラミングを行います、事前の準備は不要です。

参加特典

ご参加頂いた方で、更に詳しく話を聞きたい・学びたい方には個別相談・コンサルティングを提供しています。

講師紹介

岡本尚之

外資系医療機器メーカーのエンジニア。学生時代から画像認識、異常検知技術の研究に従事し、現在は医療画像を対象とした画像処理技術を開発。機械学習を題材にした社内セミナーも担当。

他講師

他にも最新のIT技術を駆使し第一線で活躍するエンジニア、IT起業家や経営者、フリーランスエンジニアなど様々な講師をお呼びする予定です。

※詳細は決まり次第共有

こんな方におすすめ

AI・人工知能を何から始めたら良いか分からない方

AI・人工知能ってそもそも何?って方

AIプログラミングを学びたい方

AIによって仕事が無くなる不安がある方

AIを使って仕掛ける側に入りたい方

数学出来ない人はAIが使えないと思ってる方

機械学習・コンピュータビジョン・ディープラーニング・ニューラルネットワークなど専門用語が意味不明な方

ロボットとAIの違いって何?って方

AI分野におけるトレンドを知りたい方

AI分野で活躍できる人材になりたい方

AI分野で人脈を作りたい方

シンギュラリティを迎えるとどうなるか知りたい方

AIを自分のサービスに取り入れたい方

AI人工知能を自分で作ってみたい方

スタートアップやベンチャーに興味がある方

2倍3倍の収入が稼げるエンジニアになりたい方

エンジニア同士の横のつながりを作っていきたい方

キャリアの悩みをぶつけたい方

報道されない世界の裏側を知りたい方

TensorFlow(テンソルフロー)

Googleのディープラーニングライブラリ。データフローグラフを使用したライブラリで、複雑なネットワークを分かりやすく記述できる。

scikit-learn(サイキットラーン)とは

Pythonのオープンソース機械学習ライブラリである。サポートベクターマシン、ランダムフォレスト、Gradient Boosting、k近傍法、DBSCANなどを含む様々な分類、回帰、クラスタリングアルゴリズムを備えており、Pythonの数値計算ライブラリのNumPyとSciPyとやり取りするよう設計されている。

Kerasとは

Pythonで書かれたオープンソースニューラルネットワークライブラリである。MXNet、Deeplearning4j、TensorFlow、CNTK、Theanoの上部で動作することができる。

jupyter notebookとは

ブラウザ上で使えるプログラム実行環境。ノートブックと呼ばれるドキュメントを作成し、プログラムの記述と実行、メモの作成、保存と共有などをブラウザ上で行うことができる。機械学習などでもよく使われるPythonを使うのに優れている。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/02/25(日)
13:00〜15:00
参加者
10人 / 定員18人
会場
ナポリ会議室
東京都渋谷区桜丘町29−25 渋谷パールホーム406