TOP

Ansible Workshop #3 2018 Spring

イベント内容

Ansible ハンズオン

趣旨

沖縄オープンラボラトリが主催する、「Ansibleを使ってネットワークの自動化ができるか?」というテーマの取り組みの第3回を開催いたします。 これまで本ワークショップは沖縄にて開催してきましたが、Ansibleによるネットワークの自動化にご興味がある方々にひろく集まっていただけるように、今回は東京にて開催となります。 今回のワークショップでは、4人x10チームに分け、Ansibleを使ってARISTA社のvEOSやその他のVNFを自動構築できるかどうかを実機を使って行い、実機でのトラブル解決や対応を通して、お互いのノウハウを共有しあうことを目的としています。 また、事前準備である「ホットステージ」を、3/12(月)〜3/16(金)の間18時以降に当日の評価環境の準備としての構築と、そのうちの1日は詰めて当日の準備を実施する予定です。 「ホットステージ」の運営にご協力いただける方を合わせて募集致します。 (3/24の本ワークショップでは「ホットステージ」への参加は必須ではありません)

開催までの案内が1ヶ月を切るショートノーティスとなって申し訳ありませんでしたが、皆様、よろしくお願い致します。

ワークショップ内容

前回までのワークショップでは、Ansibleとスイッチの接続にさえ手間取るという結果だったので、前回の振り返りを最初に設けます。1チームに1サーバ程度を準備して、できるだけ自由に評価していただける環境を準備します。

ワークショップ・コーディネータ

  • 西野 大 (ブロードバンドタワー)
  • 齊藤 秀喜 (RedHat)
  • 元木 顕弘 (NEC)
  • 荒久田 博士(NEC)
  • 岩本 裕真 (ブロードバンドタワー)
  • 加藤 良輔 (ブロードバンドタワー)

3月24日(土)アジェンダ

  • 10:00-12:00 環境説明・グループ分け・ワークショップ
  • 12:00-13:30 昼食休憩
  • 13:30-18:00 ワークショップと討論会 終了後、片付けに1時間とります。念のため。
  • 19:00-21:00 反省会(親睦会)

会場

NEC 玉川事業場 SC棟(ソリューションセンター棟) 4F

補足事項
玉川事業所のソリューションセンター(SC棟)での開催となります。
入場にあたり、南部門にて入館申請をして頂く必要があります。
参加者の所属企業・氏名を南部門のセキュリティゲート前警備員にお伝えください。
南部門およびSC棟の場所は、以下URLのp3に記載されている地図がわかりやすいです。
http://fmsp.ms.u-tokyo.ac.jp/NEC%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A.pdf

(事前準備)ホットステージ

  • 3月12日(月)~3月16日(金) 18:00~21:00 NEC SC棟4F(現地開催場所併設マシンルーム)
  • 3月15日(木) 9:00~21:00 集中セットアップ日

※10台程度のサーバ準備・セットアップ・ネットワーク接続・システムトポロジー検討

ご準備頂く持ち物等

  • 無線LANが利用可能なノートパソコン
  • SSHが利用可能であること

参加条件

沖縄オープンラボラトリ会員所属の方とご紹介の方


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。