TOP

【満席】ワークショップ「企業システムにつながるモバイルアプリ開発手法を学ぼう」

イベント内容

エンタープライズモバイル開発ワークショップ 「業務システムと連携するアプリ開発を体験」

スマートフォンやタブレットが普及する中、これらを活用して現場でITを活用し、業務を効率化したいという要求が高まっています。しかし、多くのモバイル向け開発ツールでは、企業システムと連携するための機能が用意されておらず、肝心の企業データの活用のために多くの労力を割かざるを得ません。

エンバカデロが提供するエンタープライズ向けモバイル開発機能を用いれば、コンポーネントによる効率的な開発によりデータ連携が可能。企業データを活用したモバイルアプリの開発を迅速に行えます。

このワークショップでは、エンタープライズモバイル開発を実現するDelphi / C++Builderを用いて、企業データとの連携を実際の開発シナリオに基づいて実装し、効率的な開発手法を体験できます。企業向けモバイル開発を検討している方に最適のセミナーです。

◆開催概要

エンタープライズモバイル開発ワークショップ「業務システムと連携するアプリ開発を体験」


主催 エンバカデロ・テクノロジーズ
日程 2018年6月8日(金)14:00~17:00 (14:45 受付開始)
会場 エンバカデロ飯田橋オフィス セミナールーム(東京・飯田橋)アクセス
定員 [満席:締め切りました]先着申し込み8名まで
お申込み 下記より正式登録が完了しますと、お申込みとなります。
https://www.embarcadero.com/jp/events/seminar/enterprise-mobile-workshop/
参加費 無料(事前登録制)

※開発環境、機材は弊社で準備いたします。パソコンなどの持ち込みは必要ありません。

◆内容

  • 企業システムとモバイルを連携させるしくみ
  • コンポーネントによる連携の手法
  • ビジュアル操作によるユーザーインターフェイス設計
  • コンポーネントを用いたデータ連携の演習
  • 開発マシンからモバイルデバイスのリモートデバッグ
  • アプリケーションの配布

◆こんな方におすすめ

  • 企業のシステム開発責任者/技術リーダー
  • 企業のモバイル開発責任者/技術リーダー
  • 既存システム資産を抱える情報システム部門
  • 企業システムでモバイルの活用を提案したいシステム開発企業(SI)
  • モバイルの活用を推進したい企画/研究部門

◆お申込み

下記よりご登録ください。ATNDサイトにて「出席」ボタンを押されましても、仮登録となります。
https://www.embarcadero.com/jp/events/seminar/enterprise-mobile-workshop/

◆エンバカデロ・テクノロジーズについて

1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」と合併したエンバカデロ・テクノロジーズは、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーです。

2015年10月には、独立系ツールベンダーであるアイデラの傘下となり、2017年8月には、WebアプリケーションプラットフォームであるSenchaを買収し、さらなる技術革新と製品/サービスの品質向上に努めています。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のユーザーが、エンバカデロのRAD Studio、Delphi、C++Builder、Senchaといったアプリケーション開発ツールやデータベースツールを採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。

会社ホームページ:https://www.embarcadero.com/jp/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/06/08(金)
14:00〜17:00
参加者
定員1人
会場
エンバカデロ飯田橋オフィス セミナールーム(東京・飯田橋)
東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル 5F