TOP

高知ハッカソン@Mashup Awards 2018 高知予選 #MA_2018

イベント内容

【台風24号への対応について】

9/30(日)の日中に台風24号の接近が予想されますため、9/29のみの開催に変更となります。あらかじめご了承ください。


2日間で作品を作っちゃおう!

高知県のIT・コンテンツアカデミー IT先端技術利活用講座として共同で開催しています。

ハッカソンって?

週末の2日間をフルに使い、ITを使った面白い作品作りを行うワークショップ、それが「ハッカソン」です。 高知ならではの地域課題や歴史、食にまつわるアイデアを皆で考え、2日間でプロトタイプ開発まで行ってしまう、盛りだくさんのイベントです!

その場で作ったチームで開発を進めますので、エンジニアの方はもちろん、エンジニア候補生のかた、またプランナー、デザイナーの方もお気軽にご参加ください!

当日はAPIなどのテクニカルサポートを受けられる予定です。この機会に作品を作ってしまい、自らのスキルのジャンプアップを狙いましょう!


どんな人向け?

  • アプリやWebサービスを作ってみたい方
  • 自分のアイデアを形にしたい方
  • ハッカソンが好きな方
  • ハッカソンが初めての方

みなさん集まって一緒にものづくりを楽しみましょう!


必要なもの

  • ノートパソコン
  • 参加する勇気
  • 週末の時間

※昼食は各自、懇親会は別途参加費1000円を頂戴します。


タイムテーブル

1日目

time contents
9:30 開場
10:00 進行説明
10:15 チーム決め
10:45 テクニカルインプット(協力企業より)
11:15 アイデアブレスト
12:30 ランチ(各自)
14:00 ハッキングタイム
20:00 初日終了

2日目

time contents
9:30 開場
10:00 審査情報入力
ハッキングタイム
ランチ(各自)
15:30 作業終了
16:00 各作品プレゼン
17:30 懇親会
19:00 審査結果発表
19:30 解散

2日目の懇親会は別途1000円参加費を頂戴します。



ハッカソン詳細

高知県のIT・コンテンツアカデミー IT先端技術利活用講座として共同で開催しています。

今回のハッカソンは、単なるハッカソンではありません。Mashup Awards 2018の地方予選も兼ねています。



Mashup Awards 地方予選 in 高知!

「自由な物作り」がテーマの日本最大級の開発コンテストである Mashup Awards、今年はヒーローズリーグと銘打ち一段と進化しました! 詳細は公式サイトに掲載いたしますが、今年も各地で地方予選を開催し、12月に2nd STAGE(全国大会)が開催されます。 今回はその地方予選を兼ねたハッカソンイベント。予選を通れば全国から集まるツワモノ供と出会い、お互いの作品に触れ、話をしたり、懇親会で友だちになったり、モノづくりのネットワークが広がります。せっかくなので予選通過を狙いましょう!


審査基準

  • チャレンジ度(ぶっ飛び度、変化球、独創性、アイデア)
  • ギーク度(突き抜け度、こだわり度、完成度)
  • ワクワク感(表現手法、体験、デザイン)


ハッカソンでの賞

優秀賞:Mashup Awards 2018改めヒーローズリーグの、2nd STAGEへの進出権利
その他、参加されるサポート企業からも、各企業賞の授与があるかも!? 



審査員

片岡 幸人 /(株)ソフトビレッジ 代表、(株)ダンクソフト 高知スマートオフィスチーフディレクター

ソフトビレッジでは地域の課題解決に向けたIoTに関するサービスの企画・開発・提供などを行い、ダンクソフトでは各地のメンバーと協業したソフト開発、テレワーク・サテライトオフィスなども含めたIT活用全般に関するサポートなどを行う。JAWS-UG、kintoneカフェ、SORACOM-UGなど、ITコミュニティの地方支部立ち上げ・運営に携わり、地域のIT技術者のスキルアップを目指して活動している。

坂東 勇気 /(株)GTラボ代表取締役、(株)電脳交通 最高技術責任者、(株)SESSION 最高技術責任者、(株)テクノモバイル エンジニア

徳島県在住、フルスタック系でゼロイチ開発が得意なエンジニア。 MashupAwardsは6から11まで参加。受賞数は11ぐらい。企業賞が得意。 得意分野は地図と交通ネタ。 起業できたのはMashupAwardsで磨いたフルスタック能力のおかげ。 電脳交通としてAPI提供側に回ったこともある。応募作品ゼロでしたね。

宇都宮 竜司 /(株)SHIFT PLUS事業開発部 部長

2017年に東京から高知県に移住。人材や介護の領域で新規事業開発をしている。前職ではリクルートで、起業家やクリエイターによるオープンイノベーションを支援するスペースを運営。本業の傍ら、大月町柏島に「東京から一番遠い」開発合宿スペースを立ち上げるべく活動中。



当日の注意

  • connpassの6桁の受付番号を準備下さい。
  • イベントの様子を記事として公開するために撮影が入ります。
  • 内容は変更になる場合があります。
  • ハッカソンでのプレゼンが3作品に満たない場合、準決勝進出権は見送りとなります。

以上につき、あらかじめご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/09/29(土) 10:00〜
2018/09/30(日) 20:00
参加者
20人 / 定員25人
会場
bridge+ (JR高知駅徒歩2分)
高知市駅前町1-8 第7駅前観光ビル

注目のポジション