TOP

IBM Developer Roadshow in 大阪

イベント内容

概要

IBMのデベロッパーアドボケイトのメンバーが講師を務め、IBMテクノロジーへDeep DiveするHalf Day Workshopです!
札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡と全国5箇所で順番に開催します!
9月26日は大阪、みなさんぜひご参加くださいね!

進行

時間 内容
13:00-13:30​ 受付
13:30-13:45​ オープニング
日本アイ・ビー・エム株式会社
デジタルビジネスグループ
デベロッパー・アドボカシー事業部長
大西彰
13:45-15:15 ハンズオンワークショップ (Watson Visual Recognitionのカスタムモデル使ったNode-RED画像認識のWebアプリ作成)
日本アイ・ビー・エム株式会社
デジタルビジネスグループ
デベロッパー・アドボカシー事業部
デベロッパーアドボケイト 戸倉彩
15:15-15:30 休憩
15:30-17:00 ハンズオンワークショップ(Kubernetesはじめの一歩。IBM Kubernetesを題材にコンテナの基礎からK8sクラスター操作を体験)※要事前準備
日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド事業本部
ハイブリッドクラウドソフトウェア
斎藤和史
17:00-18:0​0 ネットワーキング〜クロージング
18:00-18:15 撤収

*タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい。

お願い

  • 当日は入館手続きが必要となるため、お名刺を2枚ご用意ください。
  • ハンズオンを実施するので開発可能なPCを持参してください。
  • 下記LinkのKubernetesハンズオン事前準備を必ず事前に実施お願いします。
    事前準備
    *IBM Cloudライトアカウントの作成についても上記Linkにあります。
    ※クーポンコード適用のため、既にIBM Cloudライトアカウントをお持ちの方も、このワークショップ用に新規作成お願いします。 詳細はLinkを参照ください。
  • ハンズオンワークショップ(Watson Visual Recognitionのカスタムモデル使ったNode-RED画像認識アプリ作成)実施時に必要なもの
    下記のご準備をお願いします:
    • 認識させたいもの2種類以上
      • 自分の顔、ボールペン、ケーブル等のその場で写真を撮って画像認識させられるものを推奨します。
    • カメラ付きのスマートフォン
      • ECMAScript 5 準拠のブラウザ が実行に必要です(最近のスマホなら通常問題ありません)
      • 古めのスマホの場合は http://caniuse.com/#feat=es5 でご確認ください
    • (必要な場合)スマートフォンからPCへ写真をコピーするためのケーブル[ない場合はお貸しします]
      • iPhone → MacはAirDropを使用してケーブル無しでコピーできます。
      • お使いのGoogleドライブなどオンラインストレージ経由でのコピーも可能です。

担当

IBM Digital Business Group
Developer Advocate 戸倉彩
aya.tokura@ibm.com

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/09/26(水)
13:00〜18:00
参加者
11人 / 定員50人
会場
TKPガーデンシティ東梅田
〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目11-16 梅田セントラルビル6F/カンファレンスルーム6A)

注目のポジション