TOP

【9/28(金)】データスタジオによるGoogle アナリティクス課題発見レポート作成講座~実践編

イベント内容

 

セミナー概要

データスタジオでサイトの課題を発見し、必要があればGoogle アナリティクスの標準レポートでサイト課題を更に深掘りをできるようになるための講座です。

データスタジオの基礎、使い方とGoogle アナリティクスでの深掘り分析にフォーカスをした内容です。
自社サイトデータを操作しながらのご受講をお勧め致します。

 

参加対象者

  • 定期的にGoogle アナリティクスのレポートを出しているが課題が見つからず悩んでいる方
  • Google アナリティクスで課題を発見したい方
  • ダッシュボード形式でウェブサイトのデータを把握したい方
  • データスタジオの基礎を学びたい方
  • 定期レポート→課題発見の流れを早くしたい方
  • 分析のポイントを押さえたい方
  • 代理店に任せているレポーティングを自社で行いたい方

 

講座のレベル

基礎~中級
お気軽にご参加ください。毎月の集計作業をしているなど、ある程度定期的にGoogle アナリティクスを閲覧されている方におすすめしております。
※講座で扱うデータの対象はGoogle アナリティクス無償版、Search Consoleのみとなります。

 

研修の形式

座学とハンズオンの両方を行います。
※ノートパソコンをお持ちいただき、自社のデータで取り組んでいただくことをお勧め致します。
※デモサイトでご受講の場合は、データスタジオの特性上、講座時に作成したレポートテンプレートの持ち帰りはできませんのでご注意ください。
※インターネット環境(WiFi)をご準備致します。
※主催者側で準備したノートパソコンで受講いただくことも可能です。

 

研修で配布するもの

  • 研修資料 ※資料に基づいて講師が解説します

 

研修内容

1.Google アナリティクスをデータスタジオで可視化するとはどういうことか

  • データスタジオでは何がどこまで可能なのか
  • ウェブ担当者としてデータスタジオの位置づけを把握
  • モニタリング用と課題発見用のデータスタジオを区別して活用する
  • データスタジオでの課題発見とGoogle アナリティクスでの原因深掘りの流れ

 
2.データスタジオ活用前にGoogle アナリティクス側で必要な設計と設定

  • 分析速度を加速させるプロセスKPIの考え方
  • 2種類のサイトゴールと設定方法~ページ到達とイベント
  • コンバージョンと指標グループの関係
  • コンテンツグループの設定~サイト内遷移分析の準備
  • カスタムディメンション~ユーザー単体測定方法と様々な分析軸
  • プロパティとビューの理解と整備~テスト用と本番用の分離

 
3.データスタジオ活用の前提となるGoogle アナリティクスの基礎

  • Google アナリティクスの画面構成
  • 指標とディメンション~データを構成する二大要素
  • 標準レポートの見方と使い方
  • 「スコープ」の理解とデータスタジオに反映する際の注意点~標準レポートを手本にする

 
4. データスタジオの基礎理解

  • データスタジオの構成~レポート、データソース、エクスプローラー
  • レポート構成要素~データソース、データ、スタイル

 
5. データスタジオでのレポート作成と考察

  • モニタリングレポート~社内報告用のレポートはレポートギャラリーを活用する
  • 課題発見レポート~ウェブ担当者は「表形式」で課題を察知する
  • CSVでのデータアウトプット方法
  • PDFでのデータアウトプット方法
  • 課題発見レポートでの課題発見演習

 
6. データスタジオで検索キーワードを分析しユーザーニーズを把握する

  • 実はつながっていないGoogle アナリティクスとSearch Console
  • Search Consoleデータをデータスタジオに取り込む
  • ランディングページごと検索キーワードを分析~顧客のニーズ把握はページ毎の検索キーワード分析で行う

 
7. Google アナリティクスでの課題深掘り演習

  • セカンダリディメンション
  • システムセグメント
  • カスタムセグメント
  • 行動フロー~コンテンツグループを作成してページ遷移をまとまりで捉える
  • ナビゲーションサマリー~ページ毎の活用度合いを分析
  • 入り口からの遷移~ランディング後のページ導線を把握
  • コンバージョンと指標グループ

 

講師: 永井隆(ながいたかし)

企業のマーケティング(市場創造)活動を促進するためのウェブ分析をモットーとする。Google アナリティクスの標準レポートを最大限活用したレポート作成が得意。実務ではGoogle アナリティクスのカスタマイズからウェブ分析、KPI設計までを幅広くご支援。研修スタイルはレポートを作っていただくことと、KPIを決めていただくこと。ミッションはデータを適切に使える組織を増やすこと。

Google アナリティクス活用支援実績

  • 外資系製薬会社
  • システムインテグレーター
  • 大手雑貨ECサイト 等

登壇実績

  • 忙しいWeb担当者のための「Google Analytics活用&データ分析」時短テクニックセミナー(東日印刷様)
  • Google Data Studio でのGAモニタリングレポート~こんなレポートどうでしょう?編(ハマ企画様)
  • プロから学ぶ!スタートアップのためのウェブ解析と活用法セミナー(不忍池ベンチャーズ様)
  • やさしく学ぶGoogle アナリティクス活用戦略
  • Adobe Analytics基礎講座
  • Google アナリティクス講座(日本/シンガポール)
  • ウェブマーケティング講座 等

保有資格

  • GAIQ[Google アナリティクス個人資格]/Google
  • 認定ウェブアナリスト/Digital Analytics Association(米国)
  • TOEIC Reading & Writing 900/ETS

 

主催者: KANについて

KAN Corp.(株式会社環)
国内におけるWebマーケティングの先駆けとして2000年に設立。
IoT時代における企業のデータ活用を支援するため、データ分析に特化した教育サービスを提供しています。
Web解析事業の国内・海外における展開支援実績からBtoB、BtoC企業向けデジタルマーケティングリーダー研修、Webサイトのコンサルティング等など実践に基づく人材育成、企業支援を強みとしています。

 

会場: ソフトバンクテクノロジー

※当ビル1FのエレベーターホールEAST側より17階受付までお越しください。
SoftBank Technology Meeting Room

 

参加費用のお支払いについて

決済方法
・PayPal(クレジット決済)
・銀行振込

PayPal(クレジット決済)のお支払いについて
お支払い期限はお申込み日時から24時間になります。

24時間以内にお支払いを完了されないと、自動的にイベントへの申し込みがキャンセルになりますのでご注意ください(参加される場合は再度お申込みが必要です)

「申込締切」日時までにお申し込みをすれば、その時から24時間以内であれば「申込締切」日時を経過後でも支払いを完了することができます。

銀行振込について
銀行振込はお申込み後、2日以内に行うようにお願いいたします。

お申込み後のキャンセルについて
開催日より2週間前まではキャンセル・ご返金は可能です。

それ以降はご返金は承る事ができませんので、ご了承ください。
(ご返金については、振込手数料を差し引いた額での返金となります)

請求書・領収書の発行について
請求書・領収書の発行も可能です。
必要な方はお申込みフォームの備考欄にご記載いただくか、
お申込み後にご依頼の場合は下記メールアドレスまでご連絡ください。

株式会社KAN
info@kan.co.jp

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/09/28(金)
13:00〜18:00
参加者
定員6人
会場
ソフトバンク・テクノロジー会議室
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア17階

注目のポジション