FPGAセミナー(中級編)~高位合成で人工知能を作ろう

イベント内容

このイベントの趣旨

RaspberryPi型のFPGAボード「ZynqBerry(ジンクベリー)」を題材に、XILINX SDSoCを使った高位合成アプリケーションの作り方を解説します。
プラットフォームの作成、SDSoCプロジェクトの生成、FPGA Linuxシステムへのダウンロードなどについて、詳しく解説します。

最後に実践的課題として、ZYNQのFPGAで動く「超簡易ディープ・ニューラル・ネットワーク」を通じて、MNISTとCIFAR-10の画像認識デモを行います。
本セミナーは9月26日(水)の午後に、秋葉原駅前の会議室にて行います。

TrenzElectronic社とは
TrenzElectronic(トレンツ・エレクトロニック)社は、ドイツの工業用FPGAボードメーカーです。コンパクトなサイズに高密度に凝縮したZYNQ/ZYNQ UltraScale+基板を数多く作っています。


高位合成とは?

FPGAの回路機能をハードウェア記述言語(HDL)ではなく、C言語やC++などのプログラミング言語を用いて記述することを言います。記述したものをHDLに変換・出力することでFPGA回路が生成されるので、HDLの知識がなくても普通のソフトウェア用プログラミング言語(C言語)で開発ができることから、FPGAに携わる人材の幅が広がるなど業界で注目されています。

Sdsoc

このセミナーで学べること

  • カスタムSDSoCプラットフォームの作成方法
  • 市販のボード(ZYBOやZEDなど)ではなく、自分で作った基板でもSDSoCが使えるようにするための
    カスタムプラットフォームが作成できるようになります。
  • ディープ・ニューラル・ネットワークの実装を通じて、SDSoCの基礎が学べます。
  • FPGAで動く簡易的な画像AIを試すことができるようになります

セミナー内容

  • カスタムSDSoCプラットフォームの作成方法
  • SDSoCを用いたアプリケーション作成方法
  • SDSoCで作成したビットストリームとELFファイルの実行方法
  • 超簡易ディープ・ニューラル・ネットワークで画像認識

受講料

15,000円(税込)


参加費は事前に銀行振込いただくか、もしくは会場にてお支払いください。
※事前準備をスムーズに行うためにも、ぜひとも事前振込をご利用ください。


対象者

  • ZynqBerryオリジナルスタータキットをお持ちの方

※ZynqBerryボードをお持ちでない方は参加できません。また、ZynqBerryボードのみお持ちの方でセミナー参加をご希望される場合は、ZynqBerry(ジンクベリー)オリジナルスタータキット(本体なし) をお買い上げの上、お申し込みください。


募集人数

10名
※セミナーの準備状況によって多少増減することがあります
※今回のセミナーは、ZynqBerryオリジナルスタータキットをすでにお持ちの方、およびセミナー申し込みと同時にご購入される方を優先させていただきます。人数が多い場合は抽選とさせていただきますので、ご了承ください。


場所

秋葉原駅前会議室 セミナールームA


開催日時

2018年9月26日(水) 13:00~16:30 ※休憩あり


持ち物

ノートパソコン、ZynqBerryオリジナルスタータキット
※ノートパソコンには、XILNIX SDSoC 2018.1または2018.2をインストールしておいてください。


お申込み・お問い合わせ

お問い合わせは下記までご連絡ください。 info@tokudenkairo.co.jp

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント