【全3回】数学が苦手な方でも最低限知っておきたい数学・統計・プログラミング #1

イベント内容

内容概要

ここ一年で様々な切り口でのイベントを開催させていただきましたが、印象としては
基礎的な力が身についているかどうかによってどの分野も大きな差になるなという
印象を感じました。

中でも数学や統計の知識はどの分野を学習する際にもベースになる内容です。
したがって今回は数学や統計の中でも最低限知っておきたい内容にフォーカスし、
苦手な方向けにも概要や面白さがつかめるような構成とできればと思います。

学ぶにあたって何が面白いのかなどのモチベーション的な話も多数盛り込む予定です。
数学始め理系分野は面白い内容が非常に多いので、その辺を多く伝えられたらなと
考えています!!

身につく内容

・数学、統計、プログラミングのそれぞれを勉強する楽しさに触れることができます
・社会人として最低限知っておきたい数学について理解できます
・統計の中でも知っておくと良い記述統計に関して理解できます
Python+Jupyterを使ってプログラムを動かすことで、理論的な話を実践的に理解できます

開催日程

第一回 10/27()
第二回 11/3()
第三回 11/10()

受付:12:5013:00
講義:13:0015:00

会場

水道橋駅、神保町駅、九段下駅近郊
千代田区西神田2-7-14 YS西神田ビル2F

詳細アジェンダ

 イントロダクション
  数学や統計を学ぶと何故良いのか
  理系分野を学ぶ上での面白さ
  AIや機械学習を理解する上では数学や統計の知識は必須

 数学入門
  微分のイメージと実世界への応用
  数列と規則性の議論
  確率過程と条件付き確率や機械学習への応用
  数学の面白さ

 統計入門
  データをどのように見るべきか
  ヒストグラムと確率分布
  代表値と散らばり具合による情報の要約
  相関係数や回帰分析はどのように実務に使うべきなのか
  統計の面白さ

 プログラミング入門&演習
  Jupyterの導入
  総合演習(数学や統計の内容を実際にプログラムで動かしてみる)


詳細は一部変更となる可能性があります。

対象者

・理系分野を学び直してみたいと思う全ての方

講師プロフィール

東大工学部卒。
データ分析/AI開発の仕事の経験は7年ほどで、理論/開発/ビジネスのどれも経験があり強い。
また、多くの業界のプロジェクトに関わったためドメイン知識も豊富。
数学は昔から得意かつ趣味のため、数字に絡む学業や仕事に関わることが多かった。
初心者向けの指導実績も多く、1,000名は越える。

当日のお持物

ノートとペン(板書や簡単な計算問題を元にイメージを掴んでいただければと思っています)

当日までの事前学習

なし

領収書

領収書の発行も可能ですのでご希望の方はその旨お申し付けいただければと思います。
(事務手数料として、追加2,000円を含んだ金額でのお支払いと発行とさせていただきます。)

備考

・どうしても都合の合わない日程がある場合は個別でフォローアップ会を実施しますので、半分以上出席
できる方は気軽にご相談いただけますと嬉しいです。

・半分も出れないという方も教材ベースの自習中心でよければ同内容、同金額で個別指導を行えればと
考えていますので、気軽にお問い合わせいただけますと嬉しいです。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント