Watson活用!AI搭載3Dキャラクターを誰でも作れるAI interfaceを使ってみよう #2

VR AR 3D

イベント内容

AI搭載3Dキャラクターを「AI interface」で作ってみよう!!

AI interfaceについて

AI interface

AI interfaceとは、任意のキャラクター(3Dキャラクター)と 各社が用意しているさまざまなAIサービス(IBM Watson、Amazon AIなど)をつなぐ ハブ機能の役割を果たすプラットフォームです。 AIの制御プログラムがあればキャラクターとAIサービスを簡単に変更することができます。 また、 AI interfaceはデバイス、OSを選ばないのでAR、VR等でも利用することが可能です。

このイベントでできること

AI interfaceを実際に手に取って体験できます。

  • AI(顔認識、音声認識など)を搭載した自分だけの3Dキャラクターの作成
  • カスタマイズしたキャラクターとのコミュニケーション
  • マルチデバイス対応ビューアを使用

イベント概要

  1. AI interfaceとは
  2. コンソールハンズオン
  3. ビューワー使用

タイムテーブル

時間
18:30 オープニング
18:35 AI interfaceの概要説明
18:45 AI interfaceにWatsonを設定
19:30 AI搭載3Dキャラクターとのコミュニケーション
20:00 閉会

会場

株式会社RAKUDO

愛知県名古屋市東区東桜2-13-1 east gather 東桜3F

参加費

無料!

事前に準備していただくこと

AI interfaceに設定するIBM watsonは各々でご用意していただく必要があります。

  • Watson assistant
  • Watson speech to text
  • Watson text to speech

上記の機能のご用意をお願いいたします。

IBM watsonのアカウントをお持ちでない場合はこちらより登録していただきますよう、お願いいたします。

会社紹介

株式会社RAKUDO

株式会社RAKUDO3D及びIT事業に取り組んでいます。 その中でも弊社で開発したAI用プラットフォーム「AI interface」を世に広めようと奮闘している会社です。 ぜひ弊社の「AI interface」を触って、見て、聞いて、体験してください!

Techブログ:10分で完了!AI interface導入までの流れ

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。