【第4回】組織にUXを広める!ファシリテーター育成講座

イベント内容

【イベント概要】

UX DAYS TOKYO2018では、世界的に有名なUXファームの1つ”Frog”に所属するディビット氏からワークショップのワークショップを実施していただきました。

UXを進めていくに当たり、ワークショップの実施は大切なものになります。今回はワークショップの目的は何か?のもと、どのようにカリキュラム設計すべきか、また、参加者が共感できる方法を紹介し、モデレーターはどのようにすべきかを学びます。

UX DAYS TOKYOでは、定期的に開催しているワークショップでの実績をもとに改善点を見つけ改良しています。 そのノウハウをもとに、どのワークショップでも共感できるモデレーターの方法を学びます。

*同じワークショップを1〜2ヶ月に1度のペースで開催しています。そのため【第*回】と明記しております。

【アジェンダ】

  • UXer・UXチームの役割(横軸)
  • ファシリテーターの役割
  • UXのワークショップの種類と役割
  • ワークショップ開催の心得
  • 役割
  • 伝え方・話し方

【講師】

講師:大本あかね / UX DAYS TOKYO

UX DAYS TOKYOの定期的なUXワークショップの企画・運用を行っている

著書:「~デザイナーでなくてもわかる~ UXと理論で作る Webデザイン

【参加枠の種類】

  • FB投稿割引(Facebookで参加表明をしていただく割引枠です)
  • UX DAYS TOKYOスタッフ枠(一般の方は申込みできません)
  • 振替参加(前回の振替参加の枠です)

【対象者】

UXを社内やクライアント・プロダクトに取り入れたい方と思っている、方向けの勉強会です。

  • UXデザイナー。
  • プロダクトオーナー・プロダクトマネージャー。
  • 人前に話すことをもっと勉強したい方。
  • モデレーターやファシリテーターになりたい方。

上記であれば、どなたでもご参加いただけます。

【タイムスケジュール】

  • 18:30 開場
  • 19:00 座学  
  • 19:30 ワークショップ
  • 20:50 質疑応答 
  • 21:00 懇親会
  • 21:30 終了

*状況によって上記のスケジュールでない場合があります。

【当日受付に関して】

connpassの受付番号と、お名刺を1枚ご準備下さい。 会場は、ゲスト用無線 LANが利用可能です。

【諸注意】

  • 本イベントの様子をSNSやWeb上に掲載する可能性があります。 客席を含む会場内の写真が使用されることがありますので、予めご了承ください。
  • やむを得ない事情によりイベントの開催を見合わせる場合もございます。その際は事前にご案内いたしますので、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

当日の受付に関して

connpassのIDまたは受付番号と、お名刺を1枚ご準備下さい。 ※お支払い方法は、connpass上での事前決済となります。領収書はPayPalのものをご利用ください。 イベント当日であれば紙の領収書をお渡しできますので、ご希望の方は受付時にお声がけください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。