Agri Hack Day 2019 in 宮崎大学

イベント内容

イベント概要

農業が盛んな宮崎を舞台に、農業が抱える課題をIoTやAI・機械学習の技術を活用することにより解決を目指すハッカソンを宮崎大学で開催します。

開催場所

メイン会場

宮崎大学 木花キャンパス 総合研究棟 プレゼンテーションルーム

〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地 http://www.miyazaki-u.ac.jp/access/kibana/

テーマとスケジュール

宮崎の農業をITのチカラで変える!

全国第5位の農業生産(2017年)を誇る宮崎県。中でもきゅうり、マンゴー、ピーマンな どの施設園芸による作物は全国有数の産地となっています。このような宮崎県の農業をIT を活用することによって、様々な課題の解決を図り、地域の活性化を実現するアイディア を形にすることを目指します。

なお、参加は、一部の日程のみでも可能です!申し込みの際に参加可能な日程をお知らせください。 (申し込み多数の場合は、全ての日程に参加可能な方を優先させていただきます。ご了承ください。)

スケジュール


2019年2月1日(金)

  • 15:00 - 会場集合
  • 15:00 - 15:10 挨拶・開催概要説明
  • 15:10 - 15:30 農業におけるIoT活用事例紹介 (株式会社セラク みどりクラウド事業部事業部長 持田宏平)
  • 15:30 - 16:30 ビニールハウスの視察と解説 (宮崎大学産学・地域連携センター 小林 太一准教授)
  • 16:30 - 18:00 アイディアソン(マンダラート・ペアブレスト・アイディアスケッチ)

2019年2月2日(土)

  • 10:00 - 18:00 ハッカソン

2019年2月3日(日)

  • 10:00 - 14:30 ハッカソン
  • 14:30 - 16:00 プレゼン・表彰・閉会挨拶

※講演の内容、講師は都合により変更になる場合がございます。

優秀賞

チーム毎のプレゼン内容・成果物・技術を評価し、優秀なチームに対して以下の表彰を行います。

  • セラク賞

  • 宮崎大学賞

事前準備/必要な機材等

  • 必須:筆記用具
  • 推奨:PC(お持ちいただけると資料作成やリサーチがスムーズです。)
  • そのほかハッカソンに必要となる部材など

事務局からご提供する機材

  • みどりボックス
  • みどりクラウドが収集した圃場データの一部(島根県・長崎県の実験圃場データを予定)
  • MESH 7タグセット(LED・ボタン・人感・動き・温湿度・明るさ・GPIO)
  • はじめてのMESH GPIOセット(モーター・ブレッドボード・ブザーなど)
  • Raspberry Pi3 / Arduino Uno
  • クラウド環境(Microsoft Azureを予定)

そのほか、電子工作に必要な部材をご用意する予定です。

こんな人を主な対象としています

  • 大学生・短大生・専門学校生歓迎!
  • 将来サービスを立ち上げることに興味のある方
  • 新卒、第二新卒でIoT領域でエンジニアとして働きたい方
  • フロントエンド/バックエンドエンジニアとしての経験があり、今後IoT領域で仕事がしたい方

登壇者紹介

ファシリテーター

持田 宏平(株式会社セラク みどりクラウド事業部 事業部長)

2004年に株式会社セラクに入社。SEとして開発業務を行うかたわら、スマートフォンアプリやIoTサービスの研究開発を行う。2010年に天ぷら侍、2011年にスマート洗面台、2013年にスマート野菜工場を発表し国内外から注目される。2014年から農業IoTの研究に着手、2015年に「みどりクラウド」としてサービスを展開。

注意事項

  • 当日は写真撮影を行います。もし写真撮影NGの方がいらしたら、スタッフまでお申し出ください。
  • イベント当日の様子は後日なんらかの媒体に掲載させていただく場合がございます。 
  • お申込後、イベント内容は運営都合により変更/キャンセルになる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

株式会社セラク みどりクラウド事業部

03-6851-4831

主催・後援

主催

株式会社セラク

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。