ユーザー企業限定:ID管理システム導入の3つの課題 (複雑な権限/バラバラなID/決裁者の説得)

イベント内容

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご来場ありがとうございました。

当セミナーの資料の公開予定はございません。ご了承くださいませ。

今回12名の募集ですが、connpassでは若干名を募集します。

本セミナーは、ユーザー企業限定です

IT企業の方はお申込みできません。

ますます重要になる「ID管理」

SalesforceやOffice365などのクラウドサービスの普及や、業務のIT化の推進によって、システムのユーザーIDの数は増え続けています。

利用者は、それぞれ異なるパスワードを管理しなければならず、生産的でない作業に多くの負担を強いてしまっています。

システム管理者も、人事異動のタイミングなどで膨大な数のユーザーIDの追加・削除・権限変更などを行わなければならず、場合によっては数カ月をその作業に費やすことになり、本来業務に手が回らない状況にあります。

さらに、ユーザーIDは、企業の情報システムをセキュリティ上のリスクから保護するための最重要要素であり、例えば「退社した社員のIDが残っている」「異動などで権限がなくなっているはずなのに反映されていない」といった事項については、監査でもチェックされる項目です。

また、働き方改革に伴う社外からのアクセスの安全性確保やパスワード情報の流出への対策も急務です。

このような課題を解決するために、「ID管理システム」の導入を検討する企業が増えています。

ID管理システム導入の3つの課題

ID管理システムの導入にはいくつかの課題があります。

特に以下の3つが大きな課題です。

1.権限/ロール管理が複雑になりすぎているが、どのように整理すれば良いか分からない

2.各業務システムごとに異なるid/pwdを利用しており、ID管理やSSOの実現が難しいと考えている

3.決裁者に導入メリットを納得してもらえない

Salesforce、Office365などのSaaS、AWSやAzureなどのクラウドとのID連携は?

また、最近ではSalesforce、Office365などのSaaSを利用したり、社内システムもAWSやAzureなどのクラウド環境上で構築することが増えています。
これらのクラウドと、従来のオンプレミスの環境とで、どのようにID連携すればよいのでしょうか?  

課題をどう解決したのか

本セミナーでは、株式会社アイピーキューブの多数の事例から、このような課題に対してどのように解決していったのか、解説します。

現状分析結果報告や要件定義書サンプルも

さらには、企画や要件定義段階での成果物サンプルとして、現状分析結果報告書や要件定義書のサンプルも、会場でのみ、少しだけ、お見せできる予定です。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:00 ID管理システムの概要及びよくある課題解説

16:00~17:00 ID管理システム導入における課題の解決(ディスカッション形式)

主催

株式会社アイピーキューブ

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-4550-0702

セミナー事務局

オープンソース活用研究所

マジセミ

※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。