流体設計の基礎講座|CFDの基礎からCFDツール有効活用のノウハウまで完全習得

流体設計の基礎講座|CFDの基礎からCFDツール有効活用のノウハウまで完全習得

参加枠申込種別参加費定員
有償セミナー
先着順 27,000円
当日現金支払い
0人 / 定員10人

イベント内容

解析事例を通して学ぶ! CFDの基礎から有効活用のノウハウまで完全習得

概要

コンピュータ・シミュレーション技術、いわゆる『CAE』は現在の製品開発や基礎研究に欠かせないツールですが、30~40年前に登場してから実用化に至るまで長い期間を必要としました。
特に、流体解析『CFD』は構造解析よりもハードルが高いため、ハードやソフトの進歩だけでなく、使い方のノウハウの進歩が非常に重要となります。
そこで、本セミナーでは、CFDの基礎から設計・開発現場で上手く活用するためのポイントについて、実際の流体解析事例を通して分かりやすく説明します。

受講対象

・これからCFDを始めようと思っている方
・すでにCAE/CFDを導入しているがうまく活用できていないと感じている方
・CAE/CFDの経験が少ないマネージャーの方

習得できる知識

・CAE/CFDの基礎知識:発展の歴史から現状レベル
・CFD活用のポイント:問題の定義から解析結果の分析まで
・CAE/CFDを活かした開発プロセスの考え方

タイムスケジュール

1. CAE/CFDの概要
 ・CAE/CFDの歴史
 ・CAE/CFDの狙い
 ・CFDの現状

2. CFDの基礎
 ・基礎式
 ・層流と乱流
 ・具体的な手順

3. CAE/CFD活用のノウハウ
 ・精度について
 ・開発プロセスについて

4. 事例紹介 
 ・静止領域の解析
 ・物体の運動を含む解析
 ・特殊な解析

5. 質疑応答
 時間の許す限り講師と話ができます

講師

Tomo技術士事務所 代表 友廣 輝彦 氏

約30年間のパナソニック勤務時代に送風機の研究開発と各種CFD(流体)解析に従事。特に、軸流ファン、遠心ファン、クロスフローファンなど各種形式ファンの空力性能や騒音性能、さらに試作実験とCFD解析の両面から取り組みを行っています。今まで取り扱った製品は、空調機器、燃焼機器、調理機器、燃料電池など多岐にわたる。独立後は国内外の企業に対するコンサルティングやセミナーなど幅広く技術支援を行なっています。

セミナーURL

https://monocollab.jp/news/seminar/cfd-seminar-201904/

ハッシュタグ

CFD CAE 流体

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。何卒ご理解とご協力をお願い致します。
イベントに申し込む

類似しているイベント