コンテンツ制作に奇怪学習は活かせるか?#1

イベント内容

コンテンツ制作に奇怪学習は活かせるか?

3Dコンテンツ制作現場とDeepLearningをどう活かしたらよいかを考える

ロゴ画像 ロゴ画像 ロゴ画像 ロゴ画像 ロゴ画像

会場

docks

住所:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F

(https://docks.space/access/)

1の内容(今回の内容)

前段、後段の2部構成でお送りします。

ゼロからつくるプロシージャルテクスチャ ~そもそもプロシージャルってなに?どこまで?~

  • ① CGコンテンツ制作におけるプロシージャル技術の活用例
  • ② Substance系ツールの概要と活用事例の紹介
  • ③ プロシージャル手法によるテクスチャ制作事例紹介

最近流行の兆しがあるプロシージャル(手続き型)のコンテンツ作成ツール、その中から Substance Designerを使ったテクスチャ作成のワークフローについて話します。 昔ながらのPhotoshopによる方法とノードベースの画像編集ツールの考え方の違い、 プロシージャルテクスチャをこれから学びたい人との知見の共有と交換ができればと思っています。 (ハンズオンセッションではないです)

DeepLearningのGANと3Dへの応用の模索

  • ①最近のDeepLearning事情とGPU
  • ②流行りの◯◯GAN事例
  • ③GANを分解してみる
  • ④3Dコンテンツへの応用先を考える
  • ⑤経産省AIガイドラインのすゝめ

回を重ねるごとにCVPR2018等論文からコンテンツ制作への転換が可能かどうかの理解を深めていきます。

今回は第一回目なので、3Dコンテンツ制作の現場の紹介及び、DeepLearningのGenerative Adversarial Networksのビッグ・ピクチャーと事情について取り扱っていきます。

タイムスケジュール

時間 内容
18:30〜19:00 開場
19:00〜19:05 イントロダクション
19:05〜19:35 発表 "ゼロからつくるプロシージャルテクスチャ"
19:35〜20:10 発表 "DeepLearningのGANと3Dへの応用の模索"
20:10〜20:45 懇親会
20:45〜21:00 片付け撤収

参加費

無料

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。