CoderDojo Hanno 第46回稽古

イベント内容

☆CoderDojo Hanno 第46回稽古 開催のお知らせ☆

毎日寒い日が続き、雪がちらつくような日もありましたが、みなさん元気にお過ごしですか?とい、言っているドージョー主は、1月末にインフルエンザに罹患してしまい、GW前に一足早く10連休(!?)してしまいました。いまはすっかり治りましたが、久々の高熱でフーフーしながら、健康って大切!と改めて感じました。学級閉鎖なども起こっているようですが、みなさんお気を付けください。
さて今月は1週ズレの2/23来週末のドージョー開催となります。ウイルスをやっつけるゲームとか作ってくれると、みんな元気になれそうな気がします。それでは、皆さんのご参加お待ちしています。

開催場所が富士見地区行政センターです

今回の開催場所は 富士見地区行政センターになります。

ご協力のお願い:お申し込みの締切日があります。

2017年11月の開催より、地区行政センターを無償でお貸しいただけることとなりました。その条件として、住所とともに、参加者のリストを予め平日に地区行政センターに提出する必要があるため、締切日を設けさせていただきます。締切日は、開催日直前の金曜日10:00までとなっていますので、締切日までのお申し込みにご協力の程お願い致します。

開催内容

  • 日時:2月23日(土)14時〜16時
  • 会場:埼玉県飯能市富士見地区行政センター
  • 費用:無料
  • 持ち物:Scrach1.4~3.0が使えるノートPC、飲み物
  • 参加資格:小学生くらいから高校生まで(小学校低学年の参加者には保護者の付き添いを推奨します)
  • 募集人数:15組程度(申込順)

補足事項

Scratchについて

Scratch(スクラッチ)とは、マサチューセッツ工科大学で開発された、子供のためのプログラミング学習ソフトです。CoderDojo Hannoでは、初心者にはまずスクラッチを体験してもらっています。
スクラッチには2つのバージョンがあります。いずれも無料で利用できます。

  • バージョン1.4は、少し古いPCでも動かすことが出来ますが、インストールが必要です。以下のサイトの情報を参考にインストールして下さい。
    http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/2013seminar2/scratch.pdf

  • バージョン2.0は、ウェブブラウザ上で動くのでインストールは必要ありませんが、少し古いPCだと、動きが遅くなることがあります。以下のページにバージョン2.0のサンプルプログラムがいくつもありますので、お使いのPCで動くか試してみてください。
    https://scratch.mit.edu/starter_projects/

  • 2019年1月からバージョン3.0が使用できるようになりました。3.0は、2.0と比較してブラウザの標準技術(HTML5/CSS/JavaScript(Node.js))を用いて作成されているため、オンライン版であればタブレットやスマートフォンなどでも動かすことができます。

CoderDojo Hannoでは、どちらのいずれのバージョンのスクラッチでも教えられるようにしています。

インターネット接続環境について

会場には飯能市が提供する公衆無線LAN(Hanno Free Wi-Fi)が設置されていますが、利用にはメールアドレスの登録が必要になり、若干、接続環境が不安定です。できるだけオフラインエディターをインストールしておいてください。

「Hanno Free Wi-Fi」についてはこちら
オフラインエディターはこちら

スポンサー

本イベントページの作成には、オープンソースコミュニティを支援する YassLab さんのご提供をいただいています。詳細はコミュニティ運営者向け Doorkeeper スポンサー資料をご参照ください。

YassLab

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント