NTTデータ先端技術が手がける最新アーキテクチャと事例勉強会 #01

NTTデータ先端技術が手がける最新アーキテクチャと事例勉強会 #01

参加枠申込種別参加費定員
一般
抽選制 無料 200人 / 定員60人

イベント内容

概要

NTTデータ先端技術では、テクノロジーや製品にとらわれることなく、OSSをはじめ最新テクノロジーを活用したアーキテクチャ設計を強みにビジネス展開をしています。
このイベントでは、NTTデータ先端技術が手がけるプロジェクト事例をアーキテクチャと活用技術を踏まえてお話しします。

第1回目でのテーマはこちらです!

  • ラムダアーキテクチャ(ビッグデータ基盤×ファストデータ基盤)について本気で考えてみた
  • 音声認識・言語理解アプリケーション構築のポイントと事例について
  • Twitter分析サービスを展開してみて分かったTwitterデータの利活用の勘所/grafana con 2019 LA レポート(influxdb version2の速報を中心として)

スケジュール

時間 内容
19:00〜 受付開始
19:30〜19:35 オープニング
19:35〜20:00
「ラムダアーキテクチャ(ビッグデータ基盤×ファストデータ基盤)について本気で考えてみた」
宮武 雅人
20:00〜20:25
「音声認識・言語理解アプリケーション構築のポイントと事例について」
城塚 音也
ディープラーニングの登場により急速に進化した音声認識、自然言語処理技術を活用した各種サービスの構築ニーズは高いが、技術的限界や性能チューニングに関するノウハウないと失敗するリスクがある。本講演では、これらの技術に関する現状や活用ノウハウを紹介するとともに実際の構築事例を紹介する。
20:25〜20:40
「Twitter分析サービスを展開してみて分かったTwitterデータの利活用の勘所」
小山 哲平
20:40〜20:50
「grafana con 2019 LA レポート(influxdb version2の速報を中心として)」
小山 哲平
20:50〜20:55 アンケート
20:55〜21:30 懇親会

※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

宮武 雅人
NTTデータ先端技術株式会社
ソリューション事業本部 第二ソリューション事業部
ビッグデータ基盤ビジネスユニット
ビッグデータグループ チーフエンジニア
2017年にNTTデータ先端技術社に入社、現職。前職ではWebアプリケーション開発に主に7年従事。畑違いな分野ながら、2015年にビッグデータ基盤のシステム移行案件に参画し、基盤知識ゼロの状態から設計、構築、運用まで携わり同時にHadoopに興味を持ち、今に至る。現在はHadoop、Sparkを中心としたビックデータ基盤構築/活用について担当。R&Dやクラウド案件の経験も活かし幅広く支援に従事。
城塚 音也
NTTデータ先端技術株式会社
BLUE3事業部 プリンシパル/NTTデータ エグゼクティブR&Dスペシャリスト
東京大学文学部言語学科卒業。同年日本電信電話株式会社入社。1989年よりNTTデータ通信株式会社(現株式会社NTTデータ)にて音声対話システムやテキストマイニング等のAI技術の研究開発に従事。1990~1991米国SRI International客員研究員。AIソリューション推進室長、AIソリューション開発担当部長を経て2018年より現職。
小山 哲平
NTTデータ先端技術株式会社
ソリューション事業本部 第二ソリューション事業部
ビッグデータ基盤ビジネスユニット
ビッグデータグループ長
2013年にNTTデータ先端技術社に入社、2018年より現職。グリッドコンピューティングや分散キャッシュなどの分散処理技術のR&D担当の経験を活かし、Hadoop、Sparkを初めとしたビッグデータ処理基盤/リアルタイム処理基盤の導入・活用支援を担当する。ビッグデータ基盤上での機械学習活用についても、書籍執筆・WEB媒体執筆の経験あり。

主催

NTTデータ先端技術株式会社

注意事項

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
本イベントは終了しました

類似しているイベント