現代のマーケターにおくる!フレームワークから抜け出しアプリのユーザー体験を向上させるために必須な2つの目線  〜品質管理という目線、CX(顧客体験)という目線〜

現代のマーケターにおくる!フレームワークから抜け出しアプリのユーザー体験を向上させるために必須な2つの目線  〜品質管理という目線、CX(顧客体験)という目線〜

参加枠申込種別参加費定員
TECK_PLAY枠
先着順 無料 12人 / 定員30人

イベント内容

Alt text 本セミナーでは、『フレームワークから抜け出しアプリのユーザー体験を向上させるために必須な2つの目線』というテーマで、アプリ運営をされるマーケターの方々や、アプリ運営に関わる皆さまを対象に、
フレームワークという”型”から抜け出し、運営の実情に即した形でユーザーの体験を向上させる方法を品質管理と、CXという目線からご紹介致します!
アプリをより長く使ってもらうための継続率向上施策や、CXの向上ノウハウを、具体的なデータや事例とともにご紹介いたします!

セミナー終了後には懇親会の時間を設けておりますので、課題をお持ちのご担当者様がおりましたら講師陣より個別に情報提供をさせて頂きます。

※ こんな方にオススメです! ※

  • アプリマーケティングの最新事例に触れたいマーケターの方
  • スマートフォンアプリのプロデューサー/ディレクター/PMの方
  • スマートフォンアプリのエンジニアの方
  • スマートフォンアプリを長期に運営するための最新ノウハウを知りたい方
  • スマートフォンアプリの品質管理に携わっている/課題感がおありの方
  • アプリ関連の最新トピックに触れたいアプリ関連事業に携わっている方

セミナー内容

■<講演1>”アプリの品質が高い”のは当たり前?ユーザーの継続率を更に10%あげる品質管理という目線

登壇者:仲井 裕紀 - FROSK株式会社 プロダクトマネージャー
マーケティング活動やプロモーション活動を行っても、なかなかアプリのユーザーが増えない。そんなことはないでしょうか。その理由、”アプリの品質が低いこと”にあるかもしれません。
昨今、アプリユーザーを多く抱える企業では当たり前になっている、ユーザーの継続率向上や新規DLに繋がるアプリの品質管理の手法をご紹介致します。
ユーザーの不満を抑え継続率を上げる品質管理のノウハウを、実際に先行企業が行なっている具体事例や、最新データとともにご紹介します。

■<講演2>アプリのプロダクトマネジメントに必要な「ユーザーを知る」とは?

登壇者:松下三四郎 - 株式会社プレイド Growth Hacker, Experience Designer
アプリ運営において、KPIツリーや色々なフレームワークがありますが、そういった"型"から入ると理解に苦しみ、型の運用が億劫になり、やめていく人を長い間たくさん見てきました。
そういった方におくるプロダクトマネジメントに必要な要素や考え方、手法を今回のセミナーでお伝えさせていただきます。

タイムテーブル(予定)

17:30-18:00  受付 
18:00-18:30  講演①FROSK株式会社
18:30-19:00  講演②株式会社プレイド
19:00-20:00 懇親会

費用

無料

対象

iOS/Androidのアプリビジネスに携わる方々
※講演を行う企業とご同業の方は参加をご遠慮ください。

場所

〒104-0061
東京都中央区銀座6-10-1
GINZA SIX 10F

持ち物

名刺(受付にて名刺を頂戴します)

問い合わせ

FROSK株式会社
事業推進部 田中 健太
TEL: 03-6898-7195
Mail: kenta.tanaka@frosk.co.jp

注意事項

※ 持ち物、注意事項など
- 会場内は禁煙となります。所定の喫煙所をご利用ください。
- 事業会社様向けのイベントのため、代理店様、競合他社様のご参加をお断りさせていただく場合がございます。
- 受付時の本人確認のため名刺を2枚お持ちください。1枚は頂戴いたします。
- 会場には電源をご用意していないため、PCなどの機器は充電してからお越し下さい。
本イベントは終了しました

類似しているイベント

Pythonデータ分析入門

東京都台東区台東1丁目11番4号 誠心Oビル 3階 秋葉原駅徒歩5分

15:00 〜18:00

4月 26 FRI