R言語で代表的な統計的手法を色々実装するセミナー

イベント内容

R言語で代表的な統計的手法を色々実装するセミナー

概要

特によく使われている統計的手法の理論を紹介しながら、R言語で実装まで行います。受講後は「実用レベルで統計的手法の理論を理解し、実装力及び結果を正しく理解する力」が身につきます。また、実用に特化した説明を行いますので、数学に自信がない方でも手法の概念の大枠をつかむことが可能です。

今回の対象者はR言語の基本的な操作を習得済みで、簡単なプログラムを一度でも書いたことがある人とします。不安な方は、下記講座のどちらか片方以上の受講を済ませた上での受講をお勧めいたします。

R言語データ分析入門
データ分析のためのR言語文法講座

講座を通じて得られること

・R言語でのt検定、カイ二乗検定、重回帰分析、ロジスティック回帰分析の実装方法
・上記手法を用いる上での理論の理解

内容

・t検定の理論と実装
・独立性のカイ二乗検定の理論と実装
・線形重回帰分析の理論と実装
・ロジスティック回帰分析の理論と実装

※それぞれの項目に演習問題を用意しております。
※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

こんな人にオススメ

・R言語を使ってデータ分析をしたい方
・代表的な統計的手法をまとめて理解したいと考えている方
・R言語のプログラムを簡単なものでも書いたことのある方

講師

崔一鳴
全人類がわかる統計学の管理人。大学にて統計学を専攻。サイトではPython、R、仮説検定、統計の基礎の記事を中心に担当。また、私立大学医学部で医療統計の業務や保険会社でのデータ分析業務を3年ほど経験。現在は東京工業大学大学院にて、深層学習を用いた、自然言語処理の研究に従事。

持ち物

・R言語の実行環境をインストール済みのPC

※インストールでお困りの方はinfo@to-kei.netまでご連絡いただければ、可能な範囲で対応致します。 ※講座では、Rstudioではなく、「R」を使います。同じ実行環境で受講したい方は、インストールをお勧めします。

領収書について

【Stripeで事前決済の方】
・クレジットカード会社が発行する明細を領収書の代わりとしてご利用ください。当社より重複しての領収書発行は行なっておりません。

【当日払いの方】
講座後のアンケートにて、「領収書が必要」にチェックを入れるようにお願いいたします。領収書をメールにて送付させていただきます。

【Paypalの方】
決済処理後にPaypalから送付されるメール内容、またはPaypalの取引履歴から該当項目を確認の上、「詳細」をご覧ください。それらが領収書の代わりとなります。また、クレジットカード会社発行の利用明細書も領収書としてご利用いただけます。(当社より重複しての発行は行えません)

受付・入場時間

開始の15分前から

※できる限り5分前までにお入りください。 ※途中参加も可能です。

お問い合わせ

・メールでのお問い合わせは、info@to-kei.net までご連絡ください。
・こちらで⇨LINE@からもお問い合わせいただけます。(推奨)

注意事項

・リクルーティング、勧誘、採用活動など、目的に沿わない行為につきまして、主催者が相応しくないと判断した場合は即刻退出処分とします。全員が気持ちよく過ごすことが出来るよう、ご協力をお願い致します。
・講座内で扱うコンテンツは全て「全人類がわかる統計学」に帰属しています。複製はご遠慮ください。
・個人ブログへの講義コンテンツの掲載はご遠慮ください。
・最小遂行人数は「3名」です。開催日の前日までにこの人数に達しない場合は中止となります。ただし、複数の媒体で募集を行っているので、本サイトの申込者数が最小遂行人数に達しない場合でも開催になる場合がございます。もし、中止が決定した場合はその時点で登録しているメールアドレスにご連絡させていただきます。

全人類がわかる統計学とは

統計学の学習サイト、全人類がわかる統計学を運営、管理している団体です。統計学とその関連分野について、出来るだけわかりやすく多くの人々に届けるということを目指して活動しています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント