【オンライン】高速ソフトウェア構成管理ツール「Helix Core」における負荷分散・障害対策の構成

イベント内容

大規模な開発成果物を安定的にバージョン管理するためのツールとして、ゲーム業界やOA・電気機器業界などで広くご利用いただいている、高速ソフトウェア構成管理ツール「Helix Core(旧 Perforce)」。「Helix Core」の利用が進み、登録される成果物の規模が拡大するにつれて、より安定的なサーバ環境の構築が求められます。

本セミナーでは、「Helix Core」のレプリカサーバなどを用いた負荷分散および障害対策の構成とポイントについてご紹介します。

<こんな方にお勧め>

・Helix Coreを用いた成果物のバージョン管理にご興味がおありの方

・Helix Coreの負荷分散や障害対策にご興味がおありの方


<セミナー内容> 以下のデモンストレーションを実施します。

・Helix Coreのデータ構造

・Helix Coreサーバ関連プログラム

・負荷分散と障害対策


【概要】

★日時:2019年11月26日(火) 16:00~17:00

★場所:Webinar (オンラインセミナー)

◆主催: 株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション

◆講師: 東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション

◆会場: Webinar(オンラインによるセミナー) のため、お客様の PC 上でご覧いただけます。

◆定員: 20名(先着順、要事前予約)

◆費用: 無料

◆その他: ビデオ会議アプリケーションのZoom(https://zoom.us/ )(無料)を使用します。参加される方はあらかじめインストールください。開催当日までに、参加に必要な情報をご連絡します。

++同業他社の方のご参加はご遠慮ください。++


【セミナー・展示会情報】 他にも、オンラインセミナーやトレーニングを多数開催、イベントにも参加していますので、ぜひご覧ください!

https://www.toyo.co.jp/ss/seminar/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント