【登壇内容更新】ソーシャルイシューを解決するSaaSプロダクト大解剖 ーHealth&welfare TECHの最新TOPICSー #techplayjp

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
抽選制 無料 100人 / 定員100人

イベント内容

概要

高齢化に伴う労働人口の減少、都市部への一極集中、後継者不足など、様々な社会課題があります。

そういった社会課題に対しテクノロジーで解決しようとしている企業に集まっていただき、そのプロダクトが今直面している課題や取り組みについて深ぼっていきます。

今回はその中でも法律や古くからの慣習など制約の多い医療・福祉業界でのSaaSプロダクトを持っている3社に登壇いただきます。

どのような背景でプロダクトを作ったのか、市場に受け入れられるに当たっての障壁をどのように開発することで乗り越えたのか事例を交えてお話します。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜 受付開始
19:30〜19:35 オープニング
19:35〜20:00

変化に強く、進化し続けられる人材・プロダクト・組織をどう作るか

株式会社LITALICO 亀田 哲矢
前例のない社会課題を舞台に大きなビジョンを目指すと、 日々次なる一手をアップデートし続ける必要があります。 突如かつ頻繁に訪れる変化にも耐え、成長し続けるプロダクトや 組織作りのためどう試行錯誤してきたか、課題や今後の指針についてお話します。
20:00〜20:25

創業期の医療スタートアップに立ちはだかった3つの壁

Ubie株式会社 敷地 琢也
Ubieは、タブレットでの問診プロダクトを病院に提供しています。2017年5月に創業&開発を開始し、今では、全国各地の病院に導入している拡大期の真っ只中です。しかし、そう簡単な道のりではありませんでした。病院という特殊な環境と創業期というカオスなフェーズにて、2年半で乗り越えてきた3つの壁について話します。
20:25〜20:50

より良い医療を実現させるプロダクトづくりを目指し、垣根をつくらずに開発する組織

株式会社メドレー 平木 聡
メドレーは医療ヘルスケア分野のデジタルトランスフォーメーション推進をミッションとしています。 このミッションをどのようにプロダクトに落し込んでいるかの紹介や、エンジニアや医師など様々な立場のメンバーがどのように連携してプロダクト開発を進めているかなどについてお話させていただきます。
20:50〜20:55 アンケート回答
20:55〜21:40 懇親会

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

亀田 哲矢
株式会社LITALICO
VP of Engineering,
LITALICO初の新卒エンジニアして入社。
事業立ち上げを行いながら、エンジニア組織を0から組成。未上場から一部上場までの拡大期を経験し、現在ネット組織全体は150名、内エンジニアは40名規模にまで拡大。VPoEとしてプロダクト、技術組織全般を管掌。
敷地 琢也
Ubie株式会社
エンジニア兼スクラムマスター
株式会社リクルートホールディングスにて、BtoC向けの新規アプリのサーバーサイド開発や、SaaSアプリのiOS開発リーダーを担当。
在職中に創業前のUbieに出会い、世界観に共感し手伝い始める。AI問診で医療の課題が解決できると確信したタイミングで、一人目の社員として2017年にUbie参画。 現在は、エンジニアとしてRuby on RailsやReactを書きながら、チームが最大限のパフォーマンスを出せるようにスクラムマスターとして活動中。
平木 聡
株式会社メドレー
組織戦略推進室 エンジニア
Web業界未経験のまま31才で業界入り。
最初の会社ではWebディレクターとして、わりと何でもやることになった。 その後は数社で受託開発を中心にHTML / CSS / JavaScriptなどフロントエンドエンジニアとして経験を積む。 2012年に株式会社サイバーエージェント入社。主にソーシャルゲームのフロントエンド構築に従事。 2015年から現職。フロントエンドだけではなく、Rails / iOS / Android など幅広く手がける。 2019年よりエンジニア・デザイナー採用担当。採用広報としてMedley Developer Blogの運用やイベントの企画なども担当。

参加対象

エンジニア

プロダクトマネージャー

持ち物

名刺2枚

参加費

無料

申込みは締め切りました

類似しているイベント